まるでスイーツのクリスマスツリーみたいですね。

アフタヌーンティーは、ホテルに限らず、あちこちで召し上がることが出来ますが、その量は半端ない。(笑)

お昼ごはんはそこそこにして、がっつりと向き合わないと完食できませんよ。

画像にあるのは、二人分。

ステキにデコレーションされたアフタヌーンティースタンドは、見た目も本当に豪華ですね。

ここホテル、ラ・スイート神戸ハーバーランドは、建物もとても素敵で、テラス席のあるラウンジで頂くアフタヌーンティーは評判も良いようです。

季節により、テーマが変わるのですが、今は「ハニーハニー・アフタヌーンティー」ということで、世界各地や、日本全国から選りすぐったはちみつを同時に召し上がることが出来るのです。

さて、どのようなものなのか・・・・相当期待は膨らみます。

スポンサードリンク

アフタヌーンティーを召し上がる前に

画像にありますのが、いわゆる「アフタヌーンティースタンド」なのですが、下のお皿にはスイーツ以外のお食事系が載っています。

要するに、食事に準ずるものだったわけですね。

アフタヌーンティーと呼ばれる習慣は1840年にフランスで始まり、イギリスに定着しました。

日本では、オペラなどを鑑賞する際に、舞台が終わった後の食事が21時以降となるため、食事の前の腹ごしらえとして用いられたということです。

一般的に下の大きな皿には、サンドイッチなどの軽食。

中段の皿にはスコーン。そして、上段にはスイーツが並べられます。

下から順番に召し上がっていくのですが、これらの皿をすべてテーブルに並べることが難しいため、スタンドを利用したということです。

ホテル”ラ・スイート神戸ハーバーランド”のアフタヌーンティー

今の季節のテーマ「ハニーハニーアフタヌーンティー」なのですが、まずは数あるドリンクから一つをチョイス。

私はレモン酵素ドリンクのソーダ割にしました。

コーヒーや紅茶、カフェオレなどを選べば、お代わり自由だそうです。

そして、はちみつがずらりと21種類。こちらから好きなものを三つチョイスします。

世界中、または日本各地から選りすぐられた貴重なはちみつが並びます。

アーモンド、ミカン、アカシア、ラベンダー、コリアンダー、ピエモンテの森のはちみつ、マヒカハニー、マヌカハニーなどなど

なかなか手に入らないはちみつもあり、選ぶだけで楽しくなりますね。

さて、三種類選んだのは、

  • マヒカハニー(右)    非加熱の生はちみつの中でも抗菌作用に優れるはちみつ。
  • コリアンダー(真ん中)  少しくせがあり、印象の深いはちみつ。スパイシーは薬草の香り。
  • アーモンド(左)     ナッツの深みを感じるはちみつ。こっくりとした風味が魅力。

いままで食べたことのあるはちみつは避けて、あえて特有なものをチョイスしました。

この中で一番好きだと思ったのはコリアンダーです。

そのスパイシーな香り。これは、一緒に行った友達の中では非常に不人気でした。(私だけ?笑)

はちみつを選んだら、それらを好きなものにかけて召し上がる。

こういう趣向になっているようです。

期間は2017年6月30日まで。是非お越しください。

気になるアフタヌーンティーの中身(下段)は?

まずは下段ですが、こちらはスイーツではないので、さらっと参りましょう。

  • チキンとマスタードのオープンサンド (しっとりとしたマスタードソースをからめたチキンのオープンサンドです。)
  • トマトと海老のオープンサンド    (ぷりぷりの海老が美味しい爽やかなオープンサンドです。)
  • スモークサーモン&チアシード    (グラスに入ったサーモンのマリネ。レモンを混ぜ込み、はちみつをかけるのがオススメだということです。)
  • オリーブ&フロマージュ       (ブラックとグリーンのオリーブに小ぶりのモッツアレラが載っています。はちみつとチーズの相性が良い)

ただ食べるだけではなく、用意した三種類のはちみつを色々と試しながら食すると、楽しみが倍増しますね。

ル・パン特製のスコーンが超美味しい!!

中段にあるのは、アフタヌーンティーにはかかせないスコーンです。

こちらのスコーンは、プレーンとゴルゴンゾーラから選べます。

ホテルのラウンジ特製ということで、かなり高級感があります。

ゴルゴンゾーラというと、チーズの好きな方でも、あの青かびのくせのあるチーズなので、敬遠される方も多いと思いますが、こちらのスコーンではこのチーズが案外とオススメ

チーズの臭みが緩和されて、程よい旨みになっています。

もちろん、チーズの苦手な方ならばプレーンをチョイスしてください。

添えられているのは、いちごの自家製ジャム、クロテッドクリーム、メープルシロップ。

スコーンのお店に行くと必ずこのクロテッドクリームを勧められますよね。

脂肪分の多い牛乳を弱火で煮詰めて、一晩おいて表面に固まる脂肪を集めたものですが、生クリームよりもコクがあり、バターよりはさっぱりしています。

スコーンはもともとパサパサとした食感ですので、このようなクリームやジャムでしっとりと頂くのが美味しいです。

そこにはちみつをかける。ちょっと甘過ぎとおっしゃる方もいるかもしれませんが、せっかくですから、十分はちみつを堪能したいですね。

はちみつを使うなら、このスコーンが一番最適です。

上段のスイーツはもともと甘いので、はちみつの出番が少なくなりそうです。

スポンサードリンク

お待ちかね。上段のスイーツを頂きました。

ここからは甘いゾーンです。

ひとつひとつクローズアップして頂きましょう。

レモンのマカロンを頂いてみました。

かなり小ぶりなマカロンではありますが、しっとりとした食感

きめ細かいマカロン生地で、さっくりと噛むと、レモンのクリームと共にマカロン生地が溶けます。

後味は柑橘のさわやかな風味。

あっという間になくなってしまいました。

ベイクドチーズケーキを頂いてみました。

こちらも小ぶり。(フォークの大きさと比べてください。)

ケーキの土台にナッツがぎっしり入っています。

土台とチーズケーキを一緒に頂くと、香ばしい香りが鼻に抜けます。

上にコロンと載せられた生クリームも濃厚。

添えられているのは、半分に切られたブルーベリーのようでした。

ラベンダー香るカップケーキを頂いてみました。

ビジュアルが最高ですね。

以前にもカップケーキの記事を書かせていただきましたが、生クリームよりもこのバタークリームが好き!!

上質なバタークリームに、ラベンダーのお花がトッピングされていて、お口の中で香りが広がります。

まさに紙カップの中にはカップケーキがずっしりと。

小さいのですが、かなり重量感のある生地で仕上がっています。

こんなに小さいのに十二分に満足できる一品でした。

バニラ風味のパンナコッタを頂いてみました。

お気づきでしょうか?パンナコッタにかかっているフルーツソースの中にバニラビーンズの黒いつぶがいっぱい。

ふんだんに使用されています。

お腹も満腹になりかけた時にもってこいの爽やかな一品。

上のフルーツソースはマンゴーのような甘味のあるものでしたが、グレープフルーツのような酸味のあるものでも良かったかも。

パンナコッタの優しい甘さに、はちみつをかけて頂きました。

こういう時、大半の方はトッピングのミントを残されますが、私は清涼感を求めて、完食いたしますよ。(笑)

ピスタチオとフランボワーズのドームを頂いてみました。

鮮やかなピスタチオグリーンのドーム。

食べるのがもったいないほどの芸術的なケーキですね。

チョコでデコレーションされています。

中にはフランボアーズのムースが入っていました。

ピスタチオのナッツの香りと、フランボアーズの酸味。

色も形も、そしてお味も楽しめるケーキです。

ティグレと、フロランタンを頂いてみました。

さて、最後に頂くのは焼き菓子です。

「ティグレ」というのはフランス語でトラのことらしいですよ。

生地の中に入っているチョコチップがトラの模様のようだからそう呼ばれたとの事。

真ん中のチョコレートソースと、生地の中のチョコチップの食感。

可愛いチョコレート菓子でした。

その横がお馴染みのフロランタンです。実は私、これが好きなんです。

ぎっしりと敷き詰められたアーモンドスライスと、キャラメルのカリカリ感がたまらないですね。

クッキー生地も濃厚で、非常に高カロリーなスイーツですが、やっぱり美味しいです。

まとめ

スイーツだけでも全部で7種類。

ゆっくりと二時間半くらいかけて食べました。

ランチでもなく、お茶でもない。

また別の特別の時間が流れたように思われます。

おしゃべりしながら、一服をまじえながら。

前菜からメイン(スコーン)、デザートまで。考えてみれば一つのコース料理のようですね。

そこにはちみつというスパイスを加えて、色々と楽しめたのが良かったように思います。

ステキなホテルで過ごす、ゆったりとした時間。

これだけでも贅沢ですが、お腹も満たされて、大満足。

皆さんも是非、お好きな場所でアフタヌーンティーをお過ごしください。

ホテル情報

ホテル、ラ・スイート神戸ハーバーランド

TEL 078-371-1111

料金

  • アフタヌーンティーセット(ドリンク付き)3600円
  • スパークリングワイン付(50ml)4100円
  • シャンパーニュ付(50ml)4500円 

※すべて税サ別