デパ地下で見つけた、このパンは・・・・・。

まるでチョコパン。

でも、チョコじゃない。羊羹なのです。

羊羹とパン。まったく結びつかないこのパンの不思議な魅力に導かれて、買ってまいりました。

この世の中には、まだまだ知らないものが沢山あるものですね。

でも、それだから面白い

では、さっそく頂いてみることにしましょうか。

スポンサードリンク

菱田ベーカリーの羊羹パンとは?

菱田ベーカリーが近くにないので、どんなパン屋さんなのかは詳しくはお伝え出来ませんが、この「羊羹パンの歌」を見ると、いかにアットホームな会社なのかという雰囲気が感じられます。(ちょっとダレたダンスが笑えます。)

今も各地のデパートでキャンペーン販売をすれば、人気の羊羹パンですが、まだまだ新製品を作る意気込みも感じられますね。

「羊羹パン」と言うと、少し古臭いイメージもあるかと思いますが、これからまだまだ可能性のあるパンなのかも。

羊羹自体、あまり食べる機会が無くなっている方も多いのでは?

菱田ベーカリーは、羊羹をもっと身近にしてくれる。そんな会社なのかもしれません。

菱田ベーカリー「羊羹パン」を実食レビュー!!

羊羹と言ったら、ふつうは薄くても1cm以上には切りますが、こちらの羊羹コーティングは、厚みがミリ単位

まあ、二ミリも無いかもしれません。

なので、羊羹を味わおうとすると、かなり無理が生じます。

が、やはり気になるのが羊羹のお味でもありますので、歯でこそげるようにして食べてみました。(笑)

パンの皮とともにはがれた羊羹は、あっさりとして、上品な甘さです。

パンもシンプルで、飽きの来ない味

給食で出していたパンそのもののようで、素朴な味わいだと言ってよいかと思います。

中に入っているのは、これまたあっさりめのこしあんなのです。

それにしても、羊羹+パン+こしあん。

なんだか不思議な味の三重奏ですよね。

やっぱり、和菓子ですよね。(笑)

高知の奥深さに、感心してしまいましたよ。

販売価格(税込み)1080円 (5個入り)

菱田ベーカリー「羊羹ツイスト」を実食レビュー!!

「羊羹パン」も気になったところですが、私がどうしても食べたかったのは、こちらの「羊羹ツイスト」なのです。

「羊羹ツイスト」も、見た目はチョコパン。

しかも、コッペパンで、中にはクリームが挟んであります。

羊羹+パン+クリームのコラボです。

今度は和と洋の組み合わせですね。

割ってみると、中にはちょっと固めの生クリームの風味のクリームが入っています。

このクリームがまた懐かしさ満載。

懐かしさと、安心感があるような、優しい味になってます。

あんこと、生クリーム。

あんことバターやマーガリンなら、よく見かけますよね。

確かにパフェ等なら、あんこと生クリームもお友達かも。

ただ、このあんこと言うか、羊羹としてパンにかかっているところがユニークなんですよね。

けっして主張しない味。

見た目はかなり主張していますけれど。(笑)

羊羹という、本来なら単独で食べられることが多いスイーツが、こんな形でパンの上に存在していることが、面白い。

これは、一度試していただきたい味かもしれません。

通販でも販売されていますよ。

販売価格(税込み)1188円(5個入り)

 

スポンサードリンク

「羊羹パン」と「羊羹ツイスト」おすすめはどちら?

結果的に言いますと、私は「羊羹ツイスト」がおすすめです。

なぜなら、クリームが好きだから。(笑)

羊羹は、同じ。パンもほぼ同じ。

違うところは、こしあんか、クリームです。

お好みで、どちらでもお好きな方をお選びください。

または、ちょっと珈琲で召し上がりたい時は、「羊羹ツイスト」。

お茶で、渋めのおやつにされたいなら、緑茶と「羊羹パン」。

このように思います。

他の地域の「羊羹パン」とは?

この際ですので、他の地域で売られている「羊羹パン」についても調べてみました。

北海道の「ようかんパン」は、漢字では書きません。

北海道では、コンビニやスーパーでも売られているようですね。

「ようかんパン」の他にも、「ようかんツイスト」「ようかんちぎり」「サンスネーク」「ようかんアンパン」などがあります。

中に入っているのは、ホイップクリームや、カスタードクリームや、バタークリームだったり、あんこであったりもします。

「サンスネーク」は結構ポピュラーみたいで、山崎製パンの商品だそうですが、ヤマザキの公式ページでも見つけることは出来ませんでした。

次に、静岡の「ようかんぱん」です。

富士市名物になっているみたいですね。

つぶあんを閉じ込めたパンの上にようかんをかけ、中央にバニラクリームがトッピングされています。

これも食べてみたいです。

こちらの富士製パンの「ようかんぱん」も50年以上前に作られたという商品です。

手間がかかるので、今では静岡では富士製パンのみが販売しているとのことです。

菱田ベーカリーも昭和40年ごろ「羊羹パン」を作っていますので、やっぱりどちらが先なのかは不明ですね。

まとめ

デパ地下で売っていた、不思議なパン「羊羹パン」

羊羹とパンの結びつかないような二つの食べ物が、一つになって、個性的な味を出しています。

私が買ったのは、高知県のパンですが、北海道や、静岡でも販売されているという「ようかんパン」。

あんぱんと同じく、全国のパン屋さんでも、同じようなことが考えられていたのかもしれませんね。

ちなみに、映画「風立ちぬ」で登場したシベリアというパンは、カステラで羊羹をサンドした当時は、ハイカラだったお菓子です。

たまにローカルなパン屋さんで見かけることもありますよ。

是非、探してみてくださいね。

店舗情報

有限会社:菱田ベーカリー

住所:高知県宿毛市和田340-1

電話   0880-62-0278