ドーンと出ましたのは、プリン三種でーす。

どちらの商品も究極のプリン?(笑)らしいです。

各メーカーがそろっての一押し。

これは試してみるしかありませんね。

さて、どのプリンが一番美味しいのか。楽しみです。

スポンサードリンク

美味しいプリンの定義とは?

プリンと一言で言いますが、プリンには二つの作りかたがあります。

  • 蒸しプリン   (卵の力で固まったプリン。焼プリンも、水を張った皿の上に載せて焼くので、正確に言うと蒸しプリンになる。)
  • ゼラチンプリン (俗にいうケミカルプリン。凝固剤になるゼラチンなどを使った、プリン。)

洋菓子屋さんのプリンは、殆どが蒸しプリンに属します。

ハウスのプリンの素などは、ゼラチンプリンですね。

蒸しプリンの中でも、オーブンを使う、いわゆる焼プリンは、作り方は蒸しに近いけれど、焼く事によって、表面の卵成分の部分が少し硬めの膜になっているのが特徴です。

プリンの味は、焼き方、成分、そして、カラメルソースに鍵があるようですね。

トロトロのプリンが好きな人もいるかと思いますが、それはプリンでは無いとおっしゃる人もいます。

以前、私は生駒に「最強プリン」を食べに行ったことがあります。

刺したスプーンが倒れないほど硬い。秘密は、卵の量だそうです。

基本、私は硬いプリンが大好きです。(笑)

出来たら、そんな硬いプリンがコンビニで買えたらうれしいですね。

オハヨーの究極焼プリンを実食レビュー!

焼プリン独特の焼目が付いてますね。

焦げたところが、卵の膜になってます。

卵の風味が濃厚。

焦げたところも、手作り感があって良いですね。

底のカラメルシロップはちょっぴり甘めです。

もう少し苦みがあると嬉しかったと思います。

プリンの生地に、純生クリーム、蔵王産クリームチーズ、北海道産マスカルポーネが加えられているとありました。

それらが混じりあってのコクなのですね。

香料、はちみつ、レモン果汁、洋酒に、焼プリンなのにゼラチンも使われているようです。

プリンとはいえ、洋菓子の要素を沢山併せ持った商品だと言えます。

舌触りもかなりクリーミーな仕上がりになっています。

が、全体的に言うと、ちょっと甘い。

オハヨー乳業は昭和28年創業、乳製品を中心にアイスやヨーグルト、デザートを手掛けています。

プリンのラインナップも沢山あり、その中でもこの「究極焼プリン」は、濃厚な味を追求した焼プリンとして、究極の味に仕上げています。

いかに味わいを深めるか。

そんな味への追及が、究極焼プリンを作り上げたということでしょう。

商品名 オハヨーの究極焼プリン
価格 140円(税抜き)  
内容量 105g
カロリー 178kcal

アンデイコ、こだわり極プリンを実食レビュー!

みるからに滑らかそう。

これがアンデイコのこだわり極みプリンです。

香料も着色料、保存料不使用。

卵のみで固めたプリンですので、さらっとした感じ。

先ほどの究極焼プリンはねっとりとしていましたので、卵本来の風味が生かされているようです。

そして、カラメルソースも適度に苦みがある。

確かにシンプルながら、プリンそのものの美味しさを追求した結果だと思います。

原材料は、乳製品とたまご、砂糖のみ

下手な味付けはしないと言う潔さです。

素朴な味が好きな方なら、こちらがおすすめですね。

アンデイコは、昭和21年創業のアイス専門の会社です。

そこから、プリンやヨーグルトなどを作るようになったそうで、品質にこだわった商品をモットーに作られているようです。

こだわり極プリンも、そういった信念のもとに作られているので、材料に一切の妥協はしなかったのですね。

三種類の中では唯一の保存料不使用商品でした。

商品名 アンデイコ、こだわり極プリン
価格 105円(税抜き)  
内容量 105g
カロリー 169kcal

らくれん、道後赤たまご極上プリン

黄色いです。たしかに・・・・・たまごたっぷり。

地元、愛媛県の道後平野の赤たまごを使用。

平飼いでのびのび育った鶏のたまごですし、同社製品の「道後赤たまごプリン」と比べて、三倍の卵黄を使っているので、極上と名付けられました。

さらに、話題の希少糖含有シロップも加えられています。

希少糖には動脈硬化の抑制や、抗酸化作用、血圧上昇抑制などの効果があると言われていますので、含まれているなら、ちょっと嬉しい成分ですね。

少し甘めに仕上がっていますが、希少糖なら良しとすべきでしょうか。

香料も入っているあたりは、ちょっと人工的なイメージもあります。

舌触りは、極プリンのほうが滑らかだったように思います。

カラメルソースも甘め。オハヨーの究極焼プリンよりも、まだ少し甘さが勝っているようです。

らくれんは、四国乳業のブランド名で、昭和43年に設立されました。

乳製品やヨーグルト、デザートなどを手掛けます。

この道後赤たまご極上プリンは、たまごの卵黄のみを使用することで、より濃厚なプリンを目指して仕上げられました。

商品名 四国乳業、道後赤たまご極上プリン
価格 100円(税抜き)  
内容量 100g
カロリー 181kcal

三つの究極の極上プリンどれが美味しいか。

  • オハヨーの究極焼プリン (クリームチーズや、はちみつなど、様々な材料を使用し、複雑な味を重ねた究極のコクに仕上げたプリン。)
  • アンデイコ、こだわり極プリン (シンプルにこだわった、究極のプリン。香料、保存料不使用)
  • らくれん、赤たまご極上プリン (道後赤たまごの卵黄のみ使用。希少糖を加えて、さらにこだわりの仕上がりになっています。)

究極のこだわりは、それぞれ違いますが、味そのものを評価したばあい、一番美味しかったのは、「アンデイコのこだわり極プリン」でした。

たまごのコクが十分生かされ、雑味なし。

プリン本来の良さだけを味わうなら、おすすめです。

カラメルソースも苦めで、さっぱりといただけるところも良かったと思います。

まとめ

最近は、とろける系のデザートが増えているのでしょうか。

たしかにプリンもトロトロで、そのままトーストに塗って食べるプリンなども出ていますよね。

三社が出した、それぞれの極上、究極のプリンも、やはりトロトロ系でした。

コンビニ、スーパーで売られているリーズナブルなプリンですが、味はどんどん進化しつつあります。

これからも楽しみなスイーツですよね。