【冬季限定】ロッテのバッカスを試食!お酒の入ったチョコのお味は?

今年の冬季限定チョコレートには、お酒を使ったチョコレートが流行りだそうです。

そんな中、ロッテの「Bucchus」(バッカス)というチョコを食べてみました。

噂では、「子供に食べさせらた酔っ払う」とか、「これ食べて車の運転したら捕まる」とか言われてますが、本当なんでしょうか?

ロッテのバッカスとは

「Bacchus」とは、ローマ神話に出てくるお酒の神様の名前です。

ギリシャ神話では、「ディオニュソス」という名前で、ともにワインの作り方を人間に教えた神様とされています。

直接ブランデーとは関係ないのですが、商品名にお酒の神様の名前を付けるのに、ちょっとおしゃれだしセンスがありますね。

ただ、神話に出てくるバッカスもディオニュソスも、「お酒による快楽の神様」というとらえ方もあるそうです。

お酒を飲んで酔っ払ったり気分が良くなったりするのは、この神様のせいだ、という解釈をする人もいます。

子供の頃、こうしたお酒が入っていたチョコレートは、親に止められていました。

もちろん子供にあげてはいけません。

でも、私は、子供心にこういったチョコレートに興味があって、でも食べられなくて・・ジレンマを抱えたまま大人になりました。

こうして堂々とお酒入りのチョコレートが食べられるようになると、とっても嬉しくなります。

くれぐれも、食べる方は、酔っ払って周囲の人に迷惑をかけないように、自分の酒の許容量を考えてお食べください

(ちなみに私は、一回に全部食べてしまい、家族からひんしゅくを買いました)

さて、前置きが長くなりましたが、早速パッケージを検証。

バッカスをレビュー!味は?

箱を見てみると「洋酒使用 アルコール分3.2%」とちゃんと表記されています。

けど、3.2%って、なかなかの量ですよ。

女性向きに販売されているカクテル風のチューハイがアルコール4%です。

カクテル風チューハイより、少し少ない位のアルコールが入っているという事です。

妊娠中や子供にあげちゃいけない事を改めて実感しました。

(箱にもその旨、表記されています)

さて、妊娠中でも子供でもない私は、遠慮なく頂くとしましょう。

封を開けると、写真の様に一口サイズのチョコレートが12個入っています。

森永の「Dars」を連想しました。

それではいただきます。

このサイズは一口でぱくり!

チョコレートはビターチョコと同じくらい、苦いです。

そしてその中から、お酒がとろりと出てきます。

箱の表記を見てみると、コニャック51%入っているブランデーだそうです。

お酒独特の苦みとほろにをチョコレートが包み込んでいて、お酒が消えた頃、チョコの甘さが口に残ります。

チョコとブランデーのバランスはすごく良いです。

それと、最後に残るチョコレートの甘さが控えめでいいです。

たしかにこれは、お酒好きにはたまらなくおいしい一品です。

冬季限定、なんて言わずに、一年中出してほしい!そう思いました。

(でも夏季は、きっとチョコレートが溶けやすくなったり、中のアルコールが蒸発してしまったり、製品に不具合が出るんでしょうね。残念)

試しに半分でかじってみましたけど、中からブランデーが出てきて、思わず口にブランデーを流しいれてしまいました。

断面図はこんな感じになってしまいました。

中が空洞になるようにチョコを作って、中にブランデーを入れていたんですね。

いずれにしても、大人の贅沢を感じる、美味しい一品でした。

スポンサードリンク

カロリーは板チョコ1枚とほぼ同じ!値段は?

お値段は、1枚198円で、このチョコの味を考えると、お値段相応かと思います。

カロリーは1箱336Kcal(1個28Kcal×12個)です。

これは、明治のミルクチョコレート(板チョコ)1枚(およそ363Kcal)とほぼ同じカロリーです。

意外とカロリーが高いのはお酒のせいでしょうか?

食べすぎにはご注意のチョコレートです。

食べるタイミングに困る一品

さて、このチョコレート、食べるタイミングに困るチョコレートです。

昼間や三時のおやつに食べたら酔っ払いそうですし、子供も食べたがります。

お仕事中に食べたら、お酒が入っているので、人によっては酔っぱらってお仕事になりません。

夜、晩酌のおつまみにも今一つ、向きません。

お酒のおつまみにお酒の入ったチョコレートを食べるようなものです。

それじゃあ、いつ食べよう…一瞬困るチョコレートですが、私は、

  • 夕食の片付けの後
  • 一日の終わりに
  • 砂糖抜きのストレートティーを淹れて

それと一緒にこのチョコレートをいただいています。

自分へのご褒美、ささやかな贅沢といったところです

私にとっては、この組み合わせが一番合います。

コーヒーやミルクティーでも合いますが、いずれもお砂糖は入れない方が、チョコレートの味が判っておいしく感じると思います。

このバッカスは、食べるタイミングも、人それぞれ違うと思います。

食べるタイミングによって、得られる幸せも変わるかもしれませんね。

逆にこれを食べたら元気に仕事が頑張れる人もいるかもしれませんね。

(ただし、仕事中の飲酒を許可している会社に限りますが・・・)

バッカスの気になる口コミ

アルコールがやはり多いので、お酒が苦手な人はすぐに酔っ払ってしまうかもしれませんね。

でも毎年楽しみにしている人もいるので、流石人気のチョコレートです。

まとめ

バッカスいかがでしたか?

お酒が好きで、甘いものが好きな人は意外と多いと思います。

そんな方にお勧めなチョコレートです。

ぜひ一度ご賞味ください。

尚、バッカスと同じロッテから、「Lummy」というお酒の入った冬季限定チョコレートが発売しています。

機会があったらこちらも感想を書きたいと思います。

商品説明

商品名 バッカス
メーカー ロッテ
価格 198円
種類 チョコレート
カロリー 336Kcal
内容量 12粒入り
満足度

★★★★

※満足度は最高5つ星です。(味・見た目・価格等)

またこれは筆者のあくまでも個人的な意見になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です