フリトレーのマイク・ポップコーン7種類を比較してランキングにしてみた。

ポップコーンと言えば、映画館でも家庭でも、ついつい手が出るスナックですよね。

スーパーでもコンビニでも良くみかけるのが、フリトレーのポップコーンシリーズです。

こんなに色々な味が発売されているのですね。

食べかけると止まらない、そんなポップコーンですが・・・。

では、いったいどれが一番、食べかけると止まらない味なのでしょうか。

私の独断と偏見にて、勝手にランキングしちゃいますよ。(笑)

ポップコーンとは?

ポップコーンとは、トウモロコシを炒ったお菓子。

ご存知、アメリカ映画のよくあるシーンで大きなバケツみたいなカップに入ったポップコーンを食べてますよね。

あれ、レフィル Free (お代わり無料)なのをご存知でしょうか。

だいたい、映画館の料金が6ドル位なのですが、ポップコーンとコーラで9ドル位取られる、値段設定が無茶苦茶?なアメリカです。

ポップコーンは高いし、お代わり自由なら、小さいめのカップを買えば良い。

そう思いますよね?でも、普通アメリカ人は大きなカップを購入します。

なぜなら、お代わりするのが面倒くさいから。(笑)

映画が始まるまでに、たいがいのアメリカ人のカップは空になります。で、始まる前にレフィルに行く。

これで休憩まではなんとか持ちます。

映画が終わるまで、何度も行くのは面倒なので、極力大きなカップを買うわけです。

それほど、食べれば止まらないのがポップコーン。

今回はそんな止まらないポップコーンを検証いたします。

フリトレーのマイク・ポップコーンとは?

ジャパンフリトレーは、ポップコーンの日本NO1ブランド。

今年、60周年を迎える、まさに日本のポップコーンの歴史はマイク・ポップコーンの歴史。

しかも、9月9日はポップコーンの日だそうで、ますますポップコーンにスポットが当たりそうな予感です。

定番商品に加えて、次々と新しい味も登場!!

ちょっとジャンキーなイメージのポップコーンですが、実際は食物繊維もたっぷり。

ノンフライ製法で作られていたりして、思ったよりカロリーも控えめです。

スポンサードリンク

マイク・ポップコーン「しあわせバター味」を実食レビュー!

フリトレーが独自で開催した99種類のフレーバーのポップコーンのフレーバーから、みんなの投票でグランプリを決める、POP-1グランプリ   (2016)。

王道のバターしょうゆ味についで、第二位に選ばれたのが、こちらのしあわせバター味です。

味の決め手は、「はちみつ」「バター」「パセリ」「マスカルポーネチーズ」

ん??「パセリ」というのは意外ですね。

親会社であるカルビーのポテチ「しあわせバター味」とまったく同じレシピです。

「幸せ」というのは、「四合わせ」のごろ合わせでしょうか。

四つの素材のもつ良さが十分に引き出されているように思います。

はちみつの甘さと、バターの塩味、パセリの風味とチーズのコク。

チーズも、マスカルポーネだからこそのミルクっぽい優しさです。

チェダーやモッツアレラではない、ティラミスに使われるチーズです。

私はマスカルポーネそのものに、お砂糖かけてデザートにしたりするのですが。(笑)

クリームチーズに比べて、酸味や塩味が少ない、生クリームに近い味わいですよ。

そんな奥深い味わいが、人気を呼んだのかもしれませんね。

手に入れたのは、こんなに大きなビッグパックでしたが、案外とペロリとイケそうです。

止まらない度は、90%で、素晴らしい出来だと思います。

商品名 しあわせバター味
価格 240円(税抜き)  
内容量 100g
カロリー 485kcal

マイク・ポップコーン「九州しょうゆ味と濃厚バター味」を実食レビュー!

ちょっと大きめの増量パックの九州しょうゆ味。

口に入れると、甘めの醤油味が焼とうもろこしみたいな風味を感じます。

噛むと、鶏だしの良いお味。

桜島どりのエキスパウダーを使用しているということ。

これは美味しいです。

アメリカ人には考えもつかない味かもしれませんね。

和風味が日本人にはぴったりときます。

甘さと辛さの融合、「甘じょぱい」という最強の味付けも決めてです。

これは止まらない度92%でしょう。もしかしたら、それ以上かも。(笑)

商品名 九州しょうゆ味
価格 100円(税抜き)  
内容量 60g
カロリー 294kcal

お次は濃厚バターしょうゆ味です。

こちらの商品はコンビニ限定となっています。

パッケージには、バターの風味150%と表示されています。

これは、「普通のバターしょうゆ味に比べると、バターが1.5倍になったよ。」という事でしょうか。

かなり期待して口に放り込んだのですが、いまいち実感が・・・・。

ためしに普通のバターしょうゆ味を食べ比べてみましたが、明らかな違いほどの実感がない。(笑)

友達数人に確かめてもらいましたが、味つけはさほど違わないというのが結論でした。

バターしょうゆ味パウダーを1.5倍使っていると表示されているので、バター風味が1.5倍になったと言う事ではなく、少し濃いめの味付けになったくらいの感覚ですね。

パッケージにあるバターの風味150%をまともに期待すると、ちょっとがっかりするかもしれません。

ただ、味付けは王道のバター醤油ですから、間違いはありません。

食べかけると止らない度は、88%くらいかと。普通に美味しいポップコーンでした。

 

商品名 濃厚バターしょうゆ味
価格 100円(税抜き)  
内容量 55g
カロリー 271kcal

マイク・ポップコーンのココナッツオイル仕立てのシュガーバター味と柏もち味を実食レビュー!

さて、お次は甘い系にまいりましょう。

こちらの青いパッケージは、ココナッツオイル仕立てのシュガーバター味って、長い名前がついてます。(笑)

シュガーバターだけど、ここはココナッツオイルを前面に出して、ヘルシーな印象を与えたかったのでしょうね。

パッケージを開けると、ココナッツの甘い香りがプンプンしています。

口に入れると、ほんのりとした甘さ。

バターの風味がぴったり。

シュガーバターと言えば、誰でもが想像できる美味しさ。

そこに、ココナッツの独特の香りが加わり、グレードアップされた感じ。

これはなかなかの組み合わせです。

止まらない度86%くらいでしょうか。

是非食べて欲しい味でしたが、一応いまのところは販売中止になってます。

ただし、例のPOP-1グランプリでは堂々の三位でしたので、2017年以降に再びお目見えする可能性は大いにありますよ。

商品名 ココナッツオイル仕立てのシュガーバター味
価格 100円(税抜き)  
内容量 40g
カロリー 211kcal

さて、次に食べたのが柏もち味。

端午の節句はもう終わりましたが、ちょっと気になる発想ですよね。

パッケージを開けると、ほのかなあんこの香り

ポップコーンらしからぬ香りですよね。

青海苔ならぬ、柏の葉パウダーがかかっているようです。

ちょっと青みのあるポップコーンはビジュアルも微妙です。

口に入れると、あんこパウダーでしょうか。

確かにあんこの風味がします。柏の葉っぱの風味は殆ど感じません。

ほんのりとした甘みで、後味があんこ。

コーンの持ち味が微妙です。

はっきり言うと、あまり宜しくない。

止まらない度は40%くらい。

これでも甘めに採点してます。(笑)

商品名 柏もち味
価格 100円(税抜き)  
内容量 45g
カロリー 232kcal

マイク・ポップコーン「オリジナルキャラメル味」と「ハニーウォールナッツ味」を実食レビュー!

もっと甘いタイプの登場です。

少し前から日本でも、色々なフレーバーのポップコーンが持てはやされてきましたし、専門店もあちこちで見かけますよね。

結構なお値段で売られていますし、行列の出来るお店も沢山あります。

出来立てはもちろん美味しいのですが、袋入りで手軽に食べられるなら、嬉しいと思います。

さて、こちらのオリジナルキャラメル味ですが、甘い系なら定番のキャラメル味。

実際に食べるなら、キャラメルが結構分厚くコーティングされていて、カリッとした食感で、中のポップコーンがふわっとしているのが理想です。

が、パッケージを開けると、思ったよりもキャラメルコーティングが少ない。

ちょっとハゲハゲっぽい。少なくともパッケージのイメージ写真よりもハゲている。(失礼)

だから、カリッと感はすくなめ。

そのわりにキャラメル味は相当甘い。

キャラメル味というのは、ちょっとした塩味を感じつつの甘さですが、これはかなり甘め。

あるいは、こういう甘味の強いポップコーンには、いくらか塩味のピーナッツが入っていたりするのですが、それも見当たりません。

量が少ないパックなので、大丈夫ですが、甘さに圧倒されました。

止まらない度は60%で、ちょっと残念です。

商品名 オリジナルキャラメル味
価格 160円(税抜き)  
内容量 45g
カロリー 216kcal

最後はハニーウォールナッツ味です。

こちらはオトナドルチェという位置づけ。ポップコーンの創作版でしょうか。

パッケージを見てみると、贅沢トッピングとして、ウォールナッツ以外にも、濃厚キャラメル、クレープ生地にはちみつまで絡めているようです。

パッケージにもチャックがついていたりして、プレミアム度が高い商品になっています。

パッケージを開けると、はちみつの香りがプンプン。

さきほどのオリジナルキャラメル味よりもキャラメルのコーティングはさらに少ないようには見えますが、そのかわりに全面がはちみつ色に染まっています。

噛みしめると、カリカリした食感は乾燥クレープのようです。

くるみの味もかすかに感じます。

そこにキャラメルの甘さ、はちみつの香り。

たしかに先ほどと同じく、かなりの甘さではありますが、カリカリ食感とはちみつの香りが良い感じ。

何より、チャックが付いているので、食べかけでも気にならない。(笑)

少しづつわけて食べることが容易にできます。

確かにちょっと目先が変わって、新鮮な味わいだと言えると思います。

自分だけで、ながら食べするポップコーンと言うよりも、おもてなしに出しても話題性のあるポップコーンかもしれませんね。

止まらない度は70%で、そこまで沢山食べられないけど美味しいと言う感じですか。

商品名 ハニーウォールナッツ味
価格 160円(税抜き)  
内容量 40g
カロリー 211kcal

勝手にランキング!!おすすめはこれ。

今回手に入れたフリトレーのマイク・ポップコーンの中から、辛い系、甘い系を総合しての、私の独断ランキングをご紹介いたします。

今回、pop-1グランプリで一位だったバターしょうゆ味は、濃厚バターしょうゆ味とまったく味が同じだったので、同位としています。

  • 第一位 九州しょうゆ味   (鶏だしのコクと、甘じょっぱさがたまらない。)
  • 第二位 しあわせバター味  (4つの素材の良さを最大限に生かした、絶妙なバランス)
  • 第三位 濃厚バターしょうゆ味 (バターしょうゆ味と味は同じ。王道の味。)
  • 第四位 ココナッツオイル仕立てのシュガーバター味 (ココナッツの香ばしさが素晴らしい、優しい味わい。)
  • 第五位 ハニーウォールナッツ味 (贅沢ポップコーンで、特別な味。)
  • 第六位 オリジナルキャラメル味 (ひたすら甘いのが難点。)
  • 第七位 柏もち味      (なぜに柏もち? あんこ味?見た目もイマイチ。)

ご参考まで。

まとめ

日本で、ポップコーンと言えば、フリトレーのマイク・ポップコーンは外せません。

全国のコンビニ、スーパーでも見かけないことはないかと思います。

いままで99種類ものフレーバーが発売されてきました。

そんな中から、最近私が食べたポップコーンを、食べ出したら止まらない度を基準に、勝手にランキングしてみました。

独断と偏見によるものではございますが、どうぞご参考までに。

ポップコーンは永遠の人気スイーツ。

これからもどんどん新しい味が出ると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です