ちょっと不思議な容器に入った、二色ゼリーと、なめらかぷりん。

近くのスーパーでみかけた、気になるスイーツです。

容器の裏を見ると、京都のお店のようですね。

この、お洒落なスイーツを、じっくりと試してみたいと思います。

スポンサードリンク

青木光悦堂とは?

まだまだ知らないお店が一杯あるのですが、今回も初めていただくスイーツです。

京都の「青木光悦堂」って、どんなお店なのでしょうか。

ホームページを見ますと、かりんとうから、ショコラ、こんぺいとう、などなど。

沢山の種類のお菓子を扱っておられます。

明治25年、創業。本阿弥光悦さまの菩提寺である、光悦寺から名前をいただいたとの事。

「頼りになる問屋」「愛される問屋」を目指して、心和む故郷の銘菓を提供し続けておられます。

京都のお土産物店で、よくある、画像の「こんぺいとうアート」は、青木光悦堂の登録商標です。

お店で見かけた方も多いのではないでしょうか。

青木光悦堂の、ハイビスカス&塩レモンのゼリーを実食レビュー!

この、可愛いカップと、二色のゼリーが、目を引きますね。

こちらが、「ハイビスカス&塩レモンのゼリー」になります。

蓋をあけてみると、あふれんばかりのゼリーです。

ためしに、ハイビスカスの赤い部分を先にいただいてみました。

ハイビスカスを食べたことはないので、再現力については、よくわからないのですが、甘酸っぱい。(笑)

お花の香りでもするのかと思ったら、そうでもなさそうです。

りんご果汁が使われているので、りんごのような味もします。

着色に関しては、トマトと、紅麹を使用しているようですね。

では、塩レモンの白い部分をいただいてみましょう。

期待に反して、こちらも甘い。(笑)

ほんのりとした塩味は感じますが、レモンの柑橘系の香りも殆どしません。

塩味には、雪塩が使われているようです。

また、これをグラスにあけて、混ぜ混ぜすると、キラキラしたゼリーが綺麗だと書いてあったので、やってみました。

思ったよりは、微妙です。(笑)

このハイビスカス&塩レモンのゼリー、ちょっと味に関しては残念なのかもしれません。

光悦堂では、この他にも、寒天糖や、ようかん、なども作られています。

一個 250円(税抜き)

スポンサードリンク

青木光悦堂のオレンジ&ブラッドオレンジゼリーを実食レビュー!

さきほどと、ちょっと色のトーンが違います

鮮やかな赤が、ブラッドオレンジでしょうか。

画像が、「オレンジ&ブラッドオレンジのゼリー」です。

まずは、オレンジの方を頂いてみましたが、先ほどよりは、随分とあっさり感じます。

オレンジの酸味があるからだと思います。

次に赤い、ブラッドオレンジを試してみましたよ。

ちょっと甘めですが、ブラッドオレンジの独特の風味は感じられます。

私は、こちらの「オレンジ&ブラッドオレンジ」の方が好みですね。

混ぜると、こんな感じ。なんだか、ただの元気なオレンジ色になってしまいました。

メーカーの意図は、汲みかねますが・・・混ぜ混ぜしたら、さらに美味しくなるということでもなさそうですけれど。

ミックスされた色を楽しみながら、召し上がってみてくださいね。

一個 250円(税抜き)

青木光悦堂のなめらかぷりんを実食レビュー!

一番気になっていたのが、こちらの「なめらかぷりん」です。

ただ単に、和三盆というフレーズに弱いのかもしれません。(笑)

画像通りのなめらかさ。プルンというよりも、クリームのような食感です。

まったりとしたクリームを舌の上にのせると、卵の風味と、たしかに和三盆の独特の香り。

色味も、卵だけじゃない、落ち着いた和三盆色になってますよね。

甘さはごく控えめです。容器が小さいので、あっという間に食べられそう。

カラメルソースはありません。ただただ、トロンとしたプリンを楽しむ。

バニラの香りのかわりに、ラム酒が入っているのも、特徴なのかもしれません。(そう言われれば・・・ぐらいの量だと思いますが。)

この、落ち着いた感じの仕上がりは、きっと大人向けなのでしょうね。

一個 320円(税抜き)

(おまけ)食べたあとは、こうしてみたら?

昼から雨模様ということで、庭で咲いていたサフィニアが勿体ないので、空になった容器を一輪挿しにしてみました。

このゼリーの容器、カタチといい、しっかりした素材といい、一輪挿しにはぴったりです。(笑)

お店情報

住所:京都府京都市山科区大宅御所田町30-3

電話:075-592-8773

営業時間:9:30~17:00 (定休日、土日祝)

まとめ

近くのスーパーで見つけた、ちょっと風変わりな京都のスイーツ

京都、山科の老舗、青木光悦堂のスイーツです。

二層に分かれた、ゼリーをあえて混ぜ混ぜすることで、色のグラデーションと共に、味のグラデーションも楽しもうという趣向のようです。

プリンの方は、あくまでもなめらかで、上品なあじわい。

ヨーグルトなどと一緒に並んでいるタイプのプリンではないようでした。

落ち着いた大人が、こそっと食べる。(笑)

そんなおやつなのかもしれません。