サンフランシスコで有名な秋のギラデリチョコレートの味とは?

アメリカに行くなら、是非とも寄って頂きたいところ。

それがサンフランシスコです。

海にかかる世界で最も美しい橋、ゴールデンゲート、陸には、ケーブルカー。

美味しい海産物、可愛い建物。そして、芸術の街。

そんなサンフランシスコの有名なチョコレートのお店が、「GHIRARDELLI」です。

フィッシャーマンズワーフからベイ・ストリートを抜けたところ、レンガ造りの建物がとてもお洒落なお店です。

今回は、アメリカ土産のギラデリの秋のアソートをご紹介いたします。

ギラデリスクエアとは?

サンフランシスコに行ったら、観光客が、必ず立ち寄るところ。

ギラデリの工場跡地に建てられた、ショッピングスポットを、「ギラデリスクエア」と呼びます。

かつて1852年に、イタリア生まれのドミンゴ・ギラデリが、サンフランシスコにお菓子屋をオープンしました。

これが現在の、ギラデリ・チョコレート・カンパニーになります。

中には、レストランや、お土産物ショップが、数々並んでいます。

勿論、メインはギラデリのお店。美味しいチョコレートがどっさり置いてますよ。

チョコレート好きなアメリカ人は首ったけ。いつもお客さんで満員です。

中でも一押しは、チョコレートドリンクです。

パフェも人気がありますが、ここのチョコレートドリンクは特別ですよ。

サンフランシスコなら、どこでも「ギラデリ」のチョコは買えますが、スクエアのショップでないと買えないラッピングの商品もあるので、要チェックです。

ギラデリ・チョコレートの中でも、超有名となったフィリング入りのチョコレートの名前も、「スクエア」と言います。

四角いから、「スクエア」。(そのままですよ)

今回は、その「スクエア」の秋のフィリング商品を紹介いたします。

(出典 ギラデリ公式ショップ

ギラデリ・チョコレート、「スクエア」のバーボンキャラメルを実食レビュー!

この「スクエア」チョコレートは、結構大きいんですよ。

タテヨコ、4.5cmはあります。

外のチョコレートは、まあまあ苦みのあるダークチョコレートタイプ。

噛めば、とろっと、バーボン味のキャラメルがとろけだします。

キャラメルと混ざっているので、お酒が強いかどうかは、あまりわかりませんでしたが、食べ進むと、お酒をそこそこ感じます

いうまでもない、大人のチョコレートですね。

キャラメルのコクと、お酒の深み、そして、ダークチョコレートの苦み。

美味しいチョコレートでした。

ごちそうさまぁ~

スポンサードリンク

ギラデリ・チョコレート、「スクエア」のキャラメルを実食レビュー!

こちらの「キャラメル」は、外側ミルクチョコレートになります。

当然、甘さが違います。

とはいえ、アメリカの通常のチョコレートの甘さを考えると、あっさりめ

なめらかな舌触りも、申し分ありません。

中から、とろりと出るのは、先ほどのお酒入りではない、純粋なキャラメルですよ。

こうやって、食べ比べてみると、やはり、お酒入りと比べると、かなりまろやか。

濃厚なキャラメルの味が引き立ちます。

変な塩味もない。

日本では、塩キャラメルが主流ですが、こちらのキャラメル味の方が好みですね。

誰にでもウケる味だと思います。

ギラデリの商品の中でも、かなりの人気フレーバーだとか。

ギラデリを初めて食べられる方なら、まずはこちらをおすすめします。

パッケージには、先ほどのバーボンキャラメルと同様に、「Luscious Filling」とあります。

意味は、「甘美な充填」(笑)まさに・・・その通り。

ギラデリ・チョコレート、「スクエア」のパンプキンスパイスを実食レビュー!

こちら、先ほどの「キャラメル」と同様のミルクチョコレート仕様です。

中身がパンプキンスパイスキャラメルと言うのだから、興味津々。

しかも、こちらは、「甘美な充填」ではなく、「自然かつ、人工フレーバー」とあります??(って、どっちやねん)

確かに、口に入れると、パンプキンそのままのナチュラルな味。

そこにスパイスが・・・・。アクセントとして入ってます。

なーるほど。そういうことなんですね。

懐かしい、アメリカのハロウィンの時期になるとあちこちで香る、この何とも言えない風味。

これって、パンプキンパイの風味なのかしらん。

実際に、「パンプキンスパイス」なるものが、アメリカでは売られていました。

パンプキンパイの中には必ず入っているスパイスたち。

  • シナモン
  • ジンジャー
  • ナツメグ
  • クローブ

これらを、「パンプキンスパイス」というのですね。

かぼちゃとくれば、このスパイス。これを混ぜれば、はい「ハロウィン味」の出来上がり。

ギラデリのチョコレートを買うなら

コストコ、成城石井や、輸入食品のお店なら、少しは手に入るかと思います。

楽天などの通販でも、一部の商品なら、買えます。

海外おみやげドットコムでも売ってます。

但し、今回のパンプキンフレーバーは、まだ日本には出回っていないかもしれないと思います。

アメリカに行く人に頼みましょう。(笑) グッドラック!!

まとめ

アメリカ土産、第一弾。

ギラデリのチョコレート、秋の新作アソートをご紹介いたしました。

チョコレートもさることながら、とにかくサンフランシスコに行ってみてください。

サンフランシスコの風に吹かれながら、ギラデリスクエアで、チョコレートドリンクを飲む。

そして、どっさりとチョコレートを買い込む

そのあと、フィッシャーマンズワーフで、寝そべっているあしかを見ると、ちょっと身につまされたりしますけれどね。(笑)

いやいや、気にしない。気にしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です