【千葉】三真「あられちゃんの家」のあられの味3種類を食べ比べ!!

(出典 株式会社三真公式ページ

なんだかレトロなお写真ですが・・・・。

こちら、「あられちゃん家」という餅工房のお写真です。

いつも行く、可愛い雑貨屋さんに置いてある、気になるあられの生産会社さんなのですよ。

こちらで売っているあられは、どこか懐かしい昔ながらのお味と、なんともキュートなパッケージが人気の的。

今回はそんな可愛いお菓子に注目です。

千葉の三真とは?

1973年創業、本社は東京都江戸川区にある米菓の製造販売を手掛ける会社が「三真」です。

千葉にある工場直売店は、「あられちゃん家」と呼ばれ、あられやせんべいを多種販売しておられます。

(出典 株式会社三真34チャンネル

どうもこちらのくまさんが社長さんのようですね。(ほんまかいな)

「美味しいお菓子を提供したい。」そのための努力を惜しまない姿勢が、人気のお菓子を生み出しているのだと思います。

まったりと時間を過ごすときに、ちょっとあって欲しいお菓子。

デスクの上に置いてあっても、なんだか溶け込む、ほっこりとしたデザインが良いですよ。

そんな三真、「あられちゃんの家」の三種類のあられの味をご紹介いたします。

ラッキー明太マヨを実食レビュー!

このパッケージにやられちゃうんですよね。

かわいいピンクに、明太キャラがキュートです。

ちょっとプレゼントしても喜ばれそう。

一人でこっそり食べるには、ちょうど良いサイズですよね。

パッケージを開けると、ぷーんと明太子マヨの香りが漂います。

中から出てきたのは、ミニ明太子のような形状のビビットオレンジのおかきです。

口に入れると結構しっかりとした味つけ

しょっぱさもありますが、マヨネーズの酸味と、レモン果汁も入っています。

えびパウダーやら、するめパウダー、オキアミエキスが入っているせいか、かなり出汁が効いてますよ

だけど、原材料のどこにも明太子と書いていない。(笑)

作られた味なのかしらん。

ちょっと残念な気持ちもしますが、美味しいです。

後からピリリと辛味もきます

どんなあられなのか。是非お試しくださいね。

商品名 ラッキー明太マヨ
価格 100円(税抜き)  
内容量 40g
カロリー 188kcal

スポンサードリンク

ラッキーマヨネーズを実食レビュー!

今度は、可愛いひよこマークのパステルイエローのパッケージです。

マヨネーズの色なのでしょうね。人気のある定番の商品です。

パッケージを開けると、もちろんマヨネーズのなんともいえない香りがしますよ。

口に放り込んでみると、軽快なサクサクとした食感に、マヨネーズの酸味が広がります。

マヨネーズのあられや、おかきなど、どこにでもある味だと、そう思ったあなた。

これは、ちょっと段違いのマヨネーズ味ですよ。

会社のキャッチフレーズも、「こーんなにマヨネーズ味のおかきははじめて」なのですから。

マヨネーズを愛してやまないマヨラーには、ウケること間違いなし

やめられない、とまらない美味しさですよ。(マヨラーではありませんが)

先ほどの明太子味とはうって変わって、こちらは結構シンプルにマヨネーズ本来の味を出してます。

一押しです。

商品名 ラッキーマヨネーズ
価格 100円(税抜き)  
内容量 40g
カロリー 178kcal

マヨネーズシリーズには、このほかに、「カレーマヨ」があります。

(出典 三真公式ページ

パッケージには、可愛いキリンのイラストが描いてありますよ。

今回は買えませんでしたが、是非またチャレンジしたいものです。

ネギバカおかきを実食レビュー!

販売中の三真の商品として、断トツ人気の、ネギバカあられです。

この、真っ白なパッケージに、「ネギバカ」の文字。

インパクトありますよね。

ついつい買ってしまうのは、その迫力、そして、青ネギオイル仕立てというフレーズがあるからです。

いわゆる、ラーメンなどに使用される「ネギ油」といったものなのでしょうか。

パッケージを開けると、ほのかにネギの香りがします。

あられの表面にも、緑のパウダーがかかっていますが、これも青ネギだと思われます。

口に入れると、あっさりとした塩味に、ネギの風味がばっちり合います。

噛みしめるごとに広がるネギとガーリックの味。

これもくせになりそうですね。

ネギバカというほども、ネギ臭くありません

むしろほのかにネギが良いサポートをしているような感じです。

ビールにもきっと合うのではないでしょうか。(飲めないからわかりません)

商品名 ネギバカあられ
価格 100円(税抜き)  
内容量 40g
カロリー 228kcal

まとめ

米菓製造販売の会社、三真の、かわいいあられシリーズ

雑貨屋さんで見つけましたが、雑貨にまぎれても、違和感ありません

むしろ、置いてあると可愛いので、ついつい足が止まってしまいます。

パッケージが可愛いだけではありませんよ。

その中身も、また古くて新しい味ばかり。

お店で見つけたら、是非ともお試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です