成城石井の3種ナッツとアールグレイのパウンドケーキを実食レビュー!

ナッツといえば、栄養の宝庫

その香ばしさや、味も全てにおいて、魅力的な食材ですね。

ナッツオイルも、身体に良いものが多いですし、どんなスイーツにも良く合います。

今回は、成城石井の常連である私が見つけた、プレミアムなケーキ。ナッツがたっぷりのケーキをご紹介いたします。

成城石井のケーキについて

成城石井のケーキといえば、棒状のパウンドケーキ型に入ったケーキが殆どです。

(出典 成城石井公式ページ

有名なプレミアムチーズケーキを始め、季節によって、素材を工夫したチーズケーキが並んでいます。

  • プレミアムチーズケーキ (クリームチーズをたっぷり使用した濃厚チーズケーキ。表面には、サクサクしたシュトロイゼルが載せられていて、レーズンとアーモンドがアクセントになっています。)
  • 濃厚フォルマッジオ   (6種類ものナチュラルチーズが入った、超濃厚なチーズケーキ。パルミジャーノレジャーノをかけて焼き上げています。)
  • オレンジケーキ     (オレンジとバターをたっぷりと使用したしっとりパウンドケーキ。これでもかというほどオレンジが濃厚です。)
  • 4種ドライフルーツのpoundケーキ(洋酒に漬けたレーズンが入ったパウンド生地に、ドライいちじく、プルーン、アプリコットをトッピングした贅沢なケーキ。)

これらの代表的なケーキ以外にも、工夫を凝らしたケーキが期間限定として販売されます。

成城石井の3種ナッツとアールグレイのパウンドケーキを実食レビュー!

どうでしょうか。この太っ腹なナッツの載せ方は。(笑)

「包丁は入るんだろうか。」と、思わず買う前から心配したほど。

埋め尽くされた、アーモンドやクルミ、そしてピスタチオの緑も顔を出してます。

紙のパウンドケーキ型を外してみると、今度はアールグレイの茶葉が、ホロホロ取れるほど、沢山入ったケーキ生地が見えてきました。

 

これは、美味しくないわけがないでしょうね。

切ってみると、なんとかアーモンドにも包丁が入りましたよ。(笑)

いかにも秋らしい画像ですね。

リスではありませんが、テンションは上がります。(笑)

このパウンドケーキ、サイズは一本(180mm×70mm×40mm)と、相当長い。

だから、私は、大抵は8つ切りにしてます。

画像は大きめにカットしましたので、6つ切りになります。

これで通常のケーキサイズだと思います。

上に載っているナッツのボリュームが凄いですよね。(さすが成城石井さん)

だいたい、輸入菓子などを扱っているところは、ナッツなどの仕入れにも長けているので、材料に惜しみはありません

口に入れてみると、アールグレイ茶葉の沢山入った紅茶ケーキの良い香りと、ナッツの香ばしい香りが混ざって、賑やかな感じ

ナッツ自体も、アーモンドにクルミ、ピスタチオと、それぞれの味が楽しめますよ。

別々に口に放り込んでも、どちらでも美味しいです。

紅茶ケーキにコーヒーというのもなんですが、これがケーキになってしまうと、案外と合ってしまいますね。

アールグレイと言うのは、ブレンドした紅茶に少しだけ入っていると、その香りが引き立ちますが、アールグレイだけのお茶を飲むと、ちょっと個性が勝ちすぎるように思われます。

その個性のある香りだからこそ、ケーキの中では、十分に力を発揮するのですね。

成城石井さんのケーキは、どれもなかなかのワイルドさだと、いつも思いますが、これはまた別格のワイルドなケーキでした。(笑)

ぜひお試しください。

(一本 990円 税抜き)

スポンサードリンク

成城石井のくるみで作ったブラウニーチーズケーキを実食レビュー!

期間限定品のこちらが、「くるみで作ったブラウニーチーズケーキ」です。

グルメ雑誌、「dancyu」と、タッグを組んだフェア、「dancyu  Deliフェア2017」。

そんな企画で作った商品らしいですよ。

この「くるみで作ったブラウニーチーズケーキ」は、小麦粉を一切使用せず、くるみパウダーのみで仕上げているので、糖質オフとか。

その上、土台となっているブラウニーにくるみパウダーと、くるみチャンクを入れて、自家製の紀州梅ジャムで味を付けたという凝りよう。

こだわりの一品なのですね。

くるみの栄養価の高さは言うまでもありませんが、梅やら、チョコレートポリフェノールやら、ありとあらゆるスーパー食材の塊ってことでしょうか。(笑)

では、お味の方はどうでしょう。

口に入れると、とにかくくるみを感じない場所は探してもありません。(笑)

まずは、ブラウニーだけ一口食べてみました。梅ジャムの酸味とはありましたが、さほど感じないほど。

いきなり大きなクルミのチャンクが入ってましたので、クルミの味しかしません。

ブラウニーらしい、とろけるようなチョコレート感も薄い。

ほんのりとしたチョコレートケーキにくるみがザクザクという印象ですね。

では、くるみのチーズムースの方を頂いてみましよう。

トロンとしたクリーム状のくるみのチーズケーキにも、とにかくくるみが沢山のっかっていて、ほのかなチーズの酸味を感じるので、かろうじてチーズケーキだと認識するくらいですね。

成城石井さん、たまにやってしまうことがあるのですが、これはその部類みたいです。(笑)

成城石井の「プレミアムチーズケーキ」の絶妙な味は、マスコミでも取り上げられて、不動の大人気商品です。

成城石井さんは、その「プレミアムチーズケーキ」に匹敵するほどのチーズケーキを作らんと、ありとあらゆる素材で挑戦し続けているような気がします。

が、これが上手くいくときと、いかないときがある。

どうしてチーズケーキにしてしまったのか。

くるみで作ったブラウニーにしてはダメだったのでしょうか。

もう少しブラウニーらしい、ブラウニーにくるみがどっさりと入ったくるみムースの掛け合わせだと、味のバランスが取れたように思います。(私の主観ですが)

全体的には甘さ控えめで、くるみがどっさり、チーズのまろやかさと酸味、これまた甘さ控えめのチョコレートケーキ(ブラウニーとは呼べません)という仕上がりでした。

でも、ワインに合うという方もおられるとか。

ご興味のある方は、是非トライしてみてくださいね。

(一本 899円 税抜き)

まとめ

成城石井の秋らしいケーキを二種類試してみましたよ。

どちらもこの季節らしいナッツずくしのケーキです。

成城石井らしく、太っ腹なナッツの量で、ナッツ好きなら大満足!?

大人っぽい仕上がりのケーキですので、是非オトナな方に召し上がって頂きたいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です