【成城石井】desicaシリーズの美味しいスイーツを食べ比べ!

成城石井のプライベートブランド、「desica」が誇るデザート部門の話題の商品を手に入れました。

マスコミでも取り上げられた、「生チョコティラミス」です。

話には聞いていましたが、まだ試していなかったので、今回お店で出会った時、迷わず即買いしてしまったスイーツです。

お値段もお手頃で、たっぷり4人前はあろうかという大きさにびっくり。

さて、そのお味は如何でしょうか。

成城石井の「desica」とは

(出典 成城石井公式ページ

成城石井は、本物を知るお客様の声に鍛えられながら、職人が自家製総菜の味を高めて参りました。

そのこだわり食材の調達力と、職人のレシピで作る最高のもの、成城石井「でしか」出来ないもの。

だから、「desica」シリーズと名付けられました。

(引用 成城石井公式ページ

「desicaシリーズ」の中でも、デザート部門はかなり人気があります。

代表的なケーキは、何度も取り上げた、「プレミアムチーズケーキ」ですが、今回ご紹介する「生チョコティラミス」も今話題の商品ですよ。

ホロホロ食感のポルボローネと並んで、かなりの高評価らしいです。

早速試してみることにしましょう。

成城石井、「desicaシリーズ」、生チョコティラミスを実食レビュー!

とにかく、このパウダリーなチョコレートがたっぷりかかった見た目のインパクトが凄いです。

慌てて食べると、むせかえりそうな大量のチョコパウダーですね。

ティラミスですから、きっちりと切り分けるということはしなくても、大きめのスプーンかケーキナイフでざっくりとすくい分けて下さい。

こんな具合になりました。

まあ、すこし浅めのトレイではありますが、大きさ的には4人で分けるくらいだと思います。

断面を見れば、白いマスカルポーネチーズがたっぷりと入っているのが良くわかりますね。

底は、しっとりとしたスポンジになっています。

このスポンジの部分は、通常のティラミスだと、エスプレッソをしみ込ませたビスコッティが敷き詰められていますがノーマルですよね。

こちらのティラミスでは、インスタントコーヒーの他、生チョコクリームとビターなスポンジ生地が重なっています。

生チョコクリームは、イタリアのチョコブランド、「ARIBA」のクーベルチュールが使用されているとのこと。

本格的な味が期待できます。

口に入れると、ビターなチョコの苦み、そして北海道産のマスカルポーネのコク。

本来なら、コーヒーの香りと言いたいところ、ビターなカカオの香りが勝っているようです。

なんと、クーベルチュールはカカオ分72%ということですから、納得できますね。

甘さ控えめのティラミスは、ビターな生チョコによって、ますます大人の味わいに。

これで、一つ699円(税抜き)は超お買い得。

ティラミス好きな方には是非お勧めします。

スポンサードリンク

成城石井、desikaのそのほかのスイーツ

desicaシリーズで外せないのが、この「ポルボローネ」ですね。

ホロホロとした食感が決め手の、軽いクッキーです。

desicaのスイーツの中でも、トップの人気とされています。

ポルボローネの種類

  • 和三盆のポルボローネ (たっぷり使ったバターの風味。優しい和三盆の甘さが特徴です。)
  • 宇治抹茶のポルボローネ(京都産宇治抹茶を使用した、ほろ苦さと香りが特徴です。)
  • リッチショコラポルボローネ(芳醇なカカオが香るコク深い味わいが特徴です。)
  • メープルシュガーのポルボローネ(カナダ産のメープルシュガーでコーティングされた、優しい甘さが特徴です。)

ポルボローネとは、もろい口当たりが特徴のクッキーです。

小麦粉をこねると、グルテンの生成で硬くなってしまうのですが、事前に粉を焼くことによって、ホロホロとした食感に仕上げることが出来ます。

特に成城石井のポルボローネは、そのくちどけの良さが好評です。

ちなみに、無印良品で売っているブール・ド・ネージュと良く似ています。

スペインでは、ポルボローネと言い、英語はスノーボール、フランスでは、ブール・ド・ネージュと言われるのが通常ですが、厳密には製法がちょっと違います。

同じようにアーモンドプードルを使用しますが、スノーボールやブール・ド・ネージュは、粉を先に焼くことはありません。

でも、基本口の中でホロっと崩れて食べられる雪の玉のような食感は、良く似ていますね。

さて、成城石井のポルボローネは、どんなお味でしょうか。

成城石井、「desicaシリーズ」、和三盆のポルボローネを実食レビュー!

このコロンとしたコイン型の可愛いクッキーが、「和三盆のポルボローネ」です。

パッケージを開けた途端に香る、バターの良い香り。

和三盆が少々手に付きますが、気にしないで口に入れましょう。

一口でもイケる大きさですが、少し噛んでみても、サックリとごく軽い食感です。

口の中に入った途端に、和三盆の柔らかな甘さと共にさらっと消えていきます

全部無くなってしまうわけではなく、アーモンドの粒が食感と香ばしさとして残ります。

このアーモンドも良い仕事をしていますね。(笑)

和三盆だけだと、あまりにあっけない後味に、ナッツの風味がのこって、とても良い感じ。

普通のクッキーに比べて、喉につまったような感覚もなく、あっという間に溶けてしまいます。

さすがに人気商品と、納得できるスイーツですね。

是非、今度は他の味にも挑戦してみたいです。

 

商品名 和三盆のポルボローネ
価格 450円(税抜き)  
内容量 120g
カロリー 582kcal(100gあたり)

まとめ

成城石井が、独自の自社輸入ルートを使って手に入れた、こだわりの素材をふんだんに使用して、長年の職人技で作り上げた、成城石井でしか出来ないもの。

そんな「desicaシリーズ」の中から、とっておきのスイーツをご紹介いたしました。

この他にも、タルトや豆大福、エクレアなどが揃った、嬉しい美味しさを、あなたも是非味わってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です