【大阪】鶴橋コリアンタウンで人気のスイーツを厳選して食べた感想。

(出典 トリップアドバイザー公式ページ

大阪は鶴橋には、有名なコリアンタウンがあります。

鶴橋という駅は湯けむりならぬ、韓国焼肉の煙が充満するという、超有名な駅。

それだけ韓国を象徴するところです。

韓流ブームは昔のことかと思っていましたが、まだまだ健在。(笑)

めったに足を運ぶところではありませんが、今回行ってみると、結構若い観光客が増えていることに気づきます。

韓国と言えば、キムチと連想してしまいますが、スイーツもあれこれその種類は多いのですね。

今回は若者に人気のお菓子にスポットを当ててみましたよ。

韓国のお菓子って?

(出典 より旅Korea公式サイト

とにかく、沢山あるものの、説明は全てハングル文字なので、まったく読めません。(笑)

が、韓国といえば、有名なのが、ロッテですよね。

ロッテなら、間違いはなさそう?(笑)

ちょっと冒険して、あれこれ食べてみるのも良いと思います。

結構日本人の舌にも合う味のお菓子が沢山あるということですよ。

いま人気の韓国のお菓子は?

  • 餅クッキー(バタークッキーの中にお餅が入った、二つの味のハーモニーが楽しめるお菓子)
  • 韓菓(ハングァ)(日本でいうポン菓子のようなサクサクのお菓子。百年草、黒米、桑葉などが入っている。)
  • チャムタイ焼き(しっとりケーキの中にお餅と小豆チョコクリームが入った、もちもちした食感です。)
  • リアルブラウニー(韓国風のブラウニー。人気の商品です。)
  • クルクァベギ(ハチミツの入った生地を揚げた揚げ菓子です。)
  • 餅チョコパイ(中はチョコレートと、ピーナッツクリーム、外はもちもちのお餅をチョコレートでコーティングしてあります。)
  • ヤックァ(ネットでも超人気の商品。素朴で懐かしい味。)

その中で、私が選んだのは、この4種類です。

さっそくいただいてみましょう。

スポンサードリンク

 韓国のお菓子「餅餅クッキー」を実食レビュー!

薄めのクッキー生地で包んだお餅の食感がアクセントです。

パッケージのイラストとは、かけ離れた薄い餅が挟んであります。

クッキーも、バタークッキーとありましたが、およそそんな感じではなく、ちょっと湿気ってしまったクッキーという雰囲気ですね。

申し訳ないのですが、クォリティの高い日本のクッキーと比べると、かなりレベルは低いかと思います。

原材料を見ますと、小麦粉とトウモロコシ粉が混ぜてあるようです。

バタークッキーとありましたが、入っているのは、加工バターとマーガリンでした。

少し残念な味だと思います。

1箱 5枚入り250円(税込み)

韓国のお菓子「餅チョコパイ」を実食レビュー!

薄めのチョコパイの中身は、なんとピーナッツバターという意外さ。

どうしてカスタードクリームじゃなかったんでしょうか。(笑)

アメリカでも、トーストにジャムとピーナッツバターを塗るという超有名な食べ方はありますが。

まさにピーナッツバターの香ばしい風味と、甘いお餅、そしてさらにチョコレートコーティングという甘さの三重奏!!

これは、賛否両論かも。

かなり甘いので、苦めの飲み物でどうぞ。

1箱 10枚入り520円(税込み)

韓国のお菓子「ホワイトピュア、白い餅チョコパイ」を実食レビュー!

こちらは、こしあんを餅で包み、ホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子のようです。

あんこにお餅だから、今度はあまり抵抗なくいただけました。

ただ、あんこも、お餅も、もちろんホワイトチョコレートも甘いです。

韓国の人は甘いもの好きなのかしら。

一個食べるとかなりの満足感でした。

1箱 10枚入り520円(税込み)

韓国のお菓子 薬菓(ヤックァ)を実食レビュー!

可愛いお花のような形のしっとり揚げ菓子です。

こちらの「ヤックァ」は、ヤフオク、メルカリなどでも超人気のお菓子です。

出品されると、結構早く買い手がついてしまうほど。

とても興味があったので、今回手に入れることが出来て、とても嬉しい品物でした。

アップで撮ってみると、ますます可愛いですよね。

ただし、このヤックァは、ミニということなので、もう少し大きいのがメジャーだと思います。

口に入れてみると、案外と素朴なお味です。

どこかで食べたような。

そして、ホットケーキミックスで作った、手作りドーナツの味だと気づきました。

確かに懐かしい味です。

家庭で揚げたドーナツを少し圧縮して、クッキー仕立てにしたみたいな。

かなり油を吸い込んでいるような仕上がりですが、そのためにしっとり感もあり、これは美味しいですね。

日本人にもウケると思います

1パック65g 120円(税込み)

まとめ

韓国のお菓子ですから、もちろん辛いのも豊富です。

ポップコーンのようなものだったり、おこげのお菓子だったりと、種類は無数にあります。

そんな中でも、モチモチ食感がお好きな国民性なのか、餅を使ったお菓子は結構多いのではないでしょうか。

お餅をイメージすると、どうしても日本の味付けを想像してしまいますが、やはり韓国のお菓子ですから、ちょっと違いますね。

甘さが半端ないのも驚きです。(アメリカのお菓子も相当甘いですが。)

コリアンタウンのある鶴橋にお越しの際は、是非とも見つけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です