【滋賀】たねやのおすすめ和菓子は?3種類を食べ比べてみた!

(出典 たねや公式ページ

滋賀県近江八幡は、近江商人たちが近江八幡から全国へ旅立つ際、出立前や帰郷の折に必ず立ち寄り、お参りに出かける場所でした。

そんな人々が行き交う場所に、たねやはあります。

たねやグループの中にあるのが、バウムクーヘンでお馴染みの「クラブハリエ」ですよ。

そんな「たねや」のおすすめ和菓子を紹介します。

スポンサードリンク

たねやの歴史

たねやは、創業明治5年(1872年)「種家末廣」の屋号で、旧八幡町に創業。

昭和20年に発売した「栗まん」が好評となり、たねやの基本づくりとなります。

以来、全国のデパートに進出。平成11年からオンラインショップを開始しました。

その後に、奇しくもたねやの近くに住んでいた、数々の名建築を遺したウイリアム・メレル・ヴォーリス氏との出会いによって、西洋文化に触れる機会を得ることになりました。

これがきっかけで、1951年にクラブハリエの基を作ることになります。

もともと近江八幡には外国人居留区もあったらしく、西洋文化も入ってきた神戸のような土地だったそうです。

たねやから独立した「クラブハリエ」は、超人気のバウムクーヘンの店となり、ヴォーリズ建築を改修した特別のカフェもあって、建築ファンにも人気です。

たねやの「ふくみ天平」を実食レビュー!

パッケージを開けると、このように、最中の皮と餡の袋に分かれます。

封を開けて最中の皮を取り出し、餡の封を開けます。

一方の皮の上に餡を載せ、もう一方でふたをします。

口に入れれば、その出来立てのさっくりした美味しさ

上あごに付くのは仕方ありませんが、香ばしさやサクサクの食感は、さすが出来立ての味ですよ。

やっぱり最中はこれでなくっちゃ。

この「ふくみ天平」には、中に近江米で作った求肥が入っています

噛むと、ねっとりとした餅の食感がしますよ。

古くから神前に供えられてきた稲穂やお餅には福があると言われ、そんな餅に厄除けの願いをこめて紅小豆を合わせて作られました。

手づくりならではの出来立ての美味しさは抜群です。

是非とも召し上がって頂きたい「富久實(ふくみ))餅です。

ひと箱(6個入り)1080円(税込み)

スポンサードリンク

たねやの饅頭「さくら」を実食レビュー!

おもいを包む」というゆかしいこころを素朴な和菓子としてあらわしたという、「さくら」です。

素朴ながら、一輪のさくらが、春らしく、華やかさも持つ可愛らしい饅頭ですね。

封を開けると、ほんのりと桜の香りが漂います。

そして、びっくりするほど柔らかい饅頭生地です。

ふわふわとした淡雪のようなお饅頭の皮に、こしあんが入っていますよ。

口に入れると、ふんわりと、まるで酒饅頭のような風味のよさ

中のごしあんも、とても上品です。

甘さは控えめで、口どけがすごく良いのが印象的なお饅頭ですね。

さくらの花の塩漬けも、塩味はごく控えめ。

ほんのりと桜の風味だけを口に残します。

想像していたよりもずっと上質なお饅頭でした。

かるかん饅頭のようなもっちりさは、やまいもが入っているからだと思います。

その、ふわふわの生地と、きめ細やかなこし餡は、さすが老舗の味ですよ。おすすめします。

ひと箱(4個入り)562円(税込み)

たねやの「斗升最中(ますますもなか)」を実食レビュー!

たねやさんの店員さんからオススメ頂いた最中です。

中には二種類の餡が入っているそうです。

たねやの商号が入った最中ですので、これは期待できます。

斜めに入った線から切れば良いのか。(笑)

切ってみましたが、ちょっと失敗したようですね。

あいまいに分かれてしまった餡が最中から顔を出しています。

(出典 たねや公式ページ

実際には、このようにはっきりと二つの餡に分かれます。(笑)

中には、甘さをおさえた粒あんと、香りゆたかな柚子餡が入っているそうです。

最中は、歯にくっついて、苦手だと言われる人も多いかと思いますが、これぞ日本の味なのですよね。

粒あんの方は、あっさりというように書いてありましたが、まあまあ甘いと思います。

お口にひっつかないように、渋いお茶と一緒にどうぞ。(笑)

柚子餡の方は、しっかりと柚子の皮が入っていて、存在感があります。

柚子の皮の香りが素晴らしく良いし、あっさり、さっぱりと頂けますよ。

白あん、粒あん、共に甘さは結構強めだと感じました。

が、一つで二通りの味を楽しめるのは、素晴らしいアイデアですね。

人気があるとおっしゃっていたのは、良く分かります。

大きさも結構ありますので、満足感があります。

昔なつかしい枡のカタチをしていることも、人気の要因とか。

斗升に、「ますます」をかけて、「ますます幸せに」「ますます健康に」というおめでたいお菓子なのかもしれません。

ひと箱(5個入り)864円(税込み)

たねやのその他のおすすめの和菓子

花貝あわせ最中

淡く染めた三色の貝のかたちの最中種に、瑞々しい餡をはさんでいただく、春の手作り最中。

手づくりだから、サクサク感も違います。お洒落な貝のカタチが人気の最中ですよ。

ひと箱(3個入り)486円(税込み)季節商品(4月上旬まで)

末廣饅頭(すえひろまんじゅう)

豊かな沖縄産黒糖風味の蒸し饅頭です。

一口サイズで、食べやすく、こし餡もなめらか。末広がりのしあわせを願う饅頭です。

ひと箱(10個入り)540円(税込み)

栗饅頭

「たねや」の原点。古くから職人が代々守り伝え、はぐくんできた饅頭です。

焼き色も香ばしく、栗を刻んで入れてある白あん仕立ての、しっとりした味わいが人気です。

ひと箱(5個入り)864円(税込み)

オリーブ大福

(出典 たねや公式ページ

近江米を使ったお餅に、ほんのりと塩味を効かせ、こし餡を包んであります。

なんと、オリーブオイルが添えられていて、かけて召し上がるというもの。これまでにない、新しいお菓子です。

1セット(6個入り)972円(税込み)

五六あわせ(バルサミコ)

イタリア産のバルサミコをかけて食べるという心太(ところてん)に見立てたゼリーです。

厳選したブドウ果汁を長期熟成し、仕上げた甘さと芳醇さのバルサミコを使用しています。

1セット(2個入り)1080円(税込み)

たねや寒天(トマト)

口の中でほろりとくずれる、美味しい寒天に、濃厚な完熟トマトゼリーとフレッシュなオリーブオイルを合わせる一品。

ごろっと大きめの寒天と、完熟トマトをまるごとひとつ使ったというゼリーが、サラダ感覚のおやつです。

フレッシュなエメラルドグリーンのオリーブオイルとは絶妙なバランスで、美味しさが引き立ちます。

一個756円(税込み)

五泉

(出典 たねや公式ページ

お釈迦様の誕生をお祝いする花祭りに合わせた季節のお菓子です。

粒・こし・胡麻・みそ・白粒の五種の餡を包んだ求肥に、五色の蒸しそぼろをふんわりとまぶした、色とりどりのお菓子です。

求肥にまぶした五色のそぼろは、天の龍がそそいだ甘露の奇瑞(きずい)(有難いことが起きるまえぶれのこと)に見立ててあるそうですよ。

ひと箱(5個入り)648円(税込み)季節商品(4月8日まで)

お店情報(たねや本店)

住所:滋賀県近江八幡市中村町22-13

電話:0748-33-1151

営業時間:9:00~19:00(年中無休)

まとめ

滋賀に本店がある、和菓子のたねや。

近江商人が行き来する場所で、「栗饅頭」を作ったところから始まりました。

早くに西洋文化を取り入れ、斬新なお菓子にも定評があります。

昔は職人だけが味わえた、作り立ての最中を、どなたでも味わえるようにと、その場で作る「手づくり最中」をいち早く売り出して人気にもなりました。

現在は、オリーブオイルを使って食べる大福など、ますます斬新なお菓子の世界が広がっています。

新しいたねやのスイーツを是非お試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です