【コメダ珈琲】春の新作「N.Y.チーズケーキ」を食べてみた感想。

出典 コメダ珈琲公式ページ

どっひょーんと現れた、コメダ珈琲店の真打

あのコメダ珈琲の顔、シロノワールに春の新作「N.Y.チーズケーキ」が登場しましたよ。

まずは、実食あるのみ。(笑)

さて、どんなお味なのでしょうか。

コメダ珈琲店について

 

出典 コメダ珈琲店公式ページ

コメダ珈琲店の名前は良く知っていたのですが、なかなか行く機会がなく、横目で見ていた私ですが・・・・。

この度、めでたく来店することが出来ました。(笑)

コメダ珈琲店は、1968年創業。

「珈琲を大切にする心から」を信条として、喫茶文化の根強い名古屋中心に、店舗を広げてこられました。

木と煉瓦の、本物にこだわったぬくもりのある空間が、自宅のリビングにいるような「くつろぎ」の空間として、居心地の良いサービスを目指しておられます。

コメダ珈琲店の魅力とは

 

出典 コメダ珈琲店公式ページ

くつろぎへのこだわり

コメダ珈琲店の店内は、まるで自宅のリビングのように感じられる工夫があると言います。

部屋の材質を、木やレンガなど本物を使用して、柔らかい印象を与える空間にしていること。

安定感のある色彩の椅子や、高さや幅などにこだわった、分厚いテーブルなど。調度品にも気を遣っているそうです。

また、それぞれの席に設けたさりげないパーテーションが、プライバシーを守るようにとの配慮をしています。

おいしさへのこだわり

コメダのパンは、自社製造のみ。産地を厳選した高品質な小麦粉を使用して、作っています。

大人気のシロノワールデニッシュは、高品質のマーガリンを使用し、職人が丁寧に64層にまで折りたたんで作っているそうですよ。

また、モーニング文化のレベルが高い名古屋ならではの、モーニングで出されるトーストは、無料だからこそ「美味しいもの」を提供するというこだわりです。

無料なのに、美味しいなら、だれでも喜びますよね。

サービスへのこだわり

扉を開けて、入店してからお会計が済んで退店するまで、一貫して「おもてなし」の心で接するのがコメダ流ということ。

清掃の行き届いた店内外や、新聞雑誌などの備品などの環境づくりから、明るい笑顔の接客まで、細心のサービスを提供することを目指しておられるそうです。

コーヒーへのこだわり

コメダ珈琲店は、コーヒーがメイン。

世界で厳選された豆は、独自の焙煎・抽出によってコメダオリジナルブレンドとして作られます。

厳選された4種の生豆を7種に焙煎し、じっくり蒸らすことで、美味しさを引き出す珈琲です。

さらに、コメダの珈琲カップは、85℃にあたためたお湯の中に、重ならないように並べてあり、珈琲を入れるまで温めてあります

これで、最高の状態で提供されるというわけです。

また、全国の配送網によって、日本中どこでも同じ美味しさのコメダ珈琲が飲めるようになっています。

コメダの珈琲は、ブラックで飲めばコク深く、さらに高乳脂のフレッシュと砂糖を加えることでバランスよく飲めるとのことです。

スポンサードリンク

コメダの珈琲の「N.Y.チーズケーキ」を実食レビュー!

さて、やっとお目当ての「N.Y.チーズケーキ」の話をします。

出てきたのは、このような結構なボリューム。

ただし、これはなんとミニサイズのもの。

実際にはもっと大きかったらしいですよ。(笑)

シロノワールと一緒の、高品質マーガリン?を練り込み、64層に折りたたまれたデニッシュ生地にチーズクリームが挟んであります。

上からソフトクリームがこれでもかとしぼられ、ブルーベリーのソースがかかっていますよ。

デニッシュ部分には切れ目がありますので、切り分けは簡単です。

一口いただくと、さすがにデニッシュはサクサクではありませんが、さっくりとした食感。

中のチーズクリームは、想像とはちがって、案外とあっさりでした。

塩味が感じられるのは、どこから来るのかと思いましたが、たぶんチーズクリームの塩分かと思います。

ソフトクリームもあっさりとした味。さほど濃厚ではないと思います。

冷たいソフトクリームと、デニッシュパン、そしてちょっと塩味のあるチーズクリームが合わさって、微妙な味加減になっています。

ブルーベリーソースは果肉入りですので、ソフトクリームと一緒に食べれば、美味しさも増しますよ。

N.Yチーズケーキミニ(季節限定) 一個 500円(税込み)

N.Y.チーズケーキ(季節限定) 一個 750円(税込み)

ちなみに、原型のシロノワールの方は、このデニッシュパンの上にたっぷりとソフトクリームが載っていて、好みでシロップをかけて食べるのだそうです。

(出典 コメダ珈琲公式ページ

コメダ珈琲店といえば、このシロノワールと言われるほどの人気商品だそうですよ。

人気の秘密は、ふんわり温かいパンと、冷たいソフトクリームのコラボ。

また、好みによって甘さを変えられるシロップがあることも好評だということです。

フランス語で「黒い」ことを「ノワール」と言うそうで、黒に見立てたデニッシュと、上からかかった白いソフトをもじって、「シロノワール」としたそうです。(笑)

シロノワール(ミニ)一個400円(税込み)

シロノワール一個600円(税込み)

コメダ珈琲の「きなこ日和」を実食レビュー!

きなこたっぷりのクリームがロールケーキの中と、外側にデコレーションされています。

優しい味わいのふんわりロールケーキと、きなこたっぷりの生クリームが良く合います。

小さなお子さんでもぺろりと食べてしまうほど。

きなこの香ばしさがくせになる一品です。正直言いますと、チーズケーキよりもこちらの方が好みですね。

これはおすすめしますよ。

一個 280円(税込み)

コメダ珈琲のその他のスイーツ

(出典 コメダ珈琲公式ページ

  • 珈琲ジェリー(コメダ特製コーヒーから作ったゼリーにバナナとソフトクリームを合わせました。)
  • とろーりチーズスフレ(チーズスフレをフォンダン風にアレンジ。スフレの中からマスカルポーネ風のクリームが流れます。)
  • チョコッとベリー(クーベルチュールチョコレートを使用したガトーショコラ。果肉たっぷりのいちごソースをかけました。)

この中で特に気になったのは、「とろーりチーズスフレ」です。

ふんわりとしたチーズケーキの中からマスカルポーネクリームがとろーり

フォンダンショコラのチーズ版のイメージで、魅力的なスイーツですね。(笑)次回はゲットしてみたいと思います。

(出典 コメダ珈琲公式ページ

コメダ珈琲店のユニークな飲み物

コメダ珈琲は、ソフトドリンクの入れ物にもこだわっているようです。

画像は「バナナジュース」です。

ミックスジュースやトマトジュース、オレンジジュースなどは、このような入れ物に入ってきます。

また、ソーダ水は、ブーツ型のグラスに入ってきます。

まるでドイツのクリスマスマーケットで見かけるようなブーツ型のカップですよ。

ちょっと昔に日本でも流行ったような気がします。

でも、洗いにくそうですね。(笑)

まとめ

マスコミでも良く話題になる「コメダ珈琲店」を取り上げてみました。

最近は、ドライブ中にもよくお店を見かけます。

名古屋流の超お得なモーニングと、ソフトクリームがかかった「シロノワール」が超有名なお店ですよね。

今回、やっと来店することが出来、シロノワールならぬ、季節限定品の「N.Y.チーズケーキ」を実食致しました。

お店の中は超満員だったので、少し「くつろぎ」を感じるには無理がありましたが、とにかく無事に食べることが出来、満足しましたよ。

今度はもう少し落ち着いて、チーズスフレにも挑戦してみようかと思います。

「N.Y.チーズケーキ」が気になる方は、季節限定ということですので、お急ぎください。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です