【大阪】富田屋の和生菓子は気軽に買えるおすすめのスイーツ!

スーパーで買える、日常のおやつ

そんな手頃なお値段で、安心できる美味しさを提供するのが、富田屋です。

関西のスーパーでは、お馴染みの味

今回は、背伸びしない、ありきたりだけど、やっぱり美味しい富田屋の和菓子についてお話します。

富田屋について

ずらりと並んだ和菓子の数々。

これ、すべて富田屋のスイーツです。

富田屋は、創業昭和3年。大阪、富田林市にある和生菓子の製造販売を手掛ける会社です。

人が集まった時の、休憩やお茶の時間を思い浮かべたとき、その場の人たちになごみと幸せな時間を過ごして頂くためのお手伝いをしたい。

富田屋で作られた和菓子が、皆の笑顔を応援出来ればという願いを込めて安心安全な和菓子作りに専念しています。

引用 富田屋公式ページ

これが、富田屋の信条です。

作っておられる和菓子は、季節の和菓子が中心。

節分や、ひな祭り、お彼岸、お盆、敬老など。

様々な行事ごとに欠かせない和菓子を、手頃な価格で販売されている会社です。

スーパーで手軽に買える和スイーツながら、味は確かですよ。

富田屋の「黒豆」を実食レビュー!

私の大好きな黒豆もちです。

黒豆は、身体にも良いので、パンでもお菓子でも、よくいただくようにしていますよ。

富田屋の「黒豆」は、皮は薄目で、黒豆は少々歯ごたえのある感じです。

黒豆の炊き方も、その和菓子屋さんで色々なのですが、大福の場合は、ちょっと固めの方が食感が良いように思います。

反対に黒豆パンの場合は、ふっくらと柔らかく煮てあるのを好みます。

これは、人それぞれだと思いますが。

黒豆の数は、多くも少なくもないかと思います。

数は多ければ多いほど美味しいのは当たり前なのですが、お値段を考えれば、相当かと思います

中の粒あんの加減も丁度良いし、若干甘さはありますが、甘すぎてもてあますような味ではありません。

少し贅沢を言うならば、黒豆に塩味を効かせていると、もう少し美味しかったかも。

一個100円(税抜き)

スポンサードリンク

富田屋の「かしわ餅」を実食レビュー!

パッケージを開ければ、とっても良い香り。

柏の葉っぱの季節にはまだ早いのですが、やっぱり食べたい味ですね。

昔、桜餅の桜の葉ごと食べる習慣に倣って、なんとかしわ餅を柏の葉っぱごと頂いた方を見かけたことがあります。(笑)

どう考えても、筋が口に残るかと。(汗)

バリバリやっているところを想像しただけで、笑えますね。

と、言うわけで、かしわ餅の葉っぱは、香りだけを楽しんで下さい。(当たり前ですが)

さて、かしわ餅の中身は、こし餡が定番です。

これは、関西だけでしょうか。

ちょっと気になって、調べてみましたが、粒あんのところもあるようです。

こし餡が主流のようですが、みそ餡を入れたり、よもぎ餡などというところもあるそうですね。

ご存知、京都の「仙太郎」では、粒あん、こし餡、みそ餡の三種類のかしわ餅が登場するそうですよ。

富田屋のかしわ餅は、決して特別なお味ではありません。

当たり前の味を、リーズナブルに召し上がれる。

柏の葉の香りを楽しみながら、家族全員でお茶出来る味ですね。

一個100円(税抜き)

富田屋の「焼き団子」を実食レビュー!

表面に焼き色がついた、「焼き団子」です。

焼いてあるから、特別香ばしいというわけでもありませんが、「黒豆や、かしわ餅に比べると、若干皮が厚めに出来ています

中のこし餡は、かしわ餅とほぼ同じですね。

ぽってりとした食感で、食べ応えもあります。

焼いたことで、表面がべたべたせず、持ちやすくなっていることも、特徴なのかもしれません。

ちょっと和菓子が食べたい時、おやつにはもってこい。

そんな「焼き団子ですよ。」

一個100円(税抜き)

富田屋の「よもぎ焼き餅」を実食レビュー!

ほんのりとした焼き色が表面に見えるよもぎ餅です。

口に入れると、よもぎの良い香りが広がります。

餡は粒あんで、甘さ控えめ。

よもぎの良い香りと、もっちりとした皮の部分、そして粒あんの優しい甘さが、とても良いバランスです。

リーズナブルながら、期待通りの美味しさのお餅ですね。

まさにスーパーで買える、お手頃和菓子の定番

これもお買い得だと思います。

一個100円(税抜き)

富田屋の「あんドーナツ」を実食レビュー!

こちらは、一パックに二つ入っています。

あんドーナツは、パン屋さんでも見かける定番スイーツですが、富田屋さんのものは、ちょっと小ぶりですね。

ひと口とは言いませんが、二口くらいで食べられそうです。(笑)

あんドーナツは牛乳で召し上がるのが一番だと、私は思うのですが、如何でしょうか。

日本茶や、紅茶、コーヒーでも合うとは思いますが、牛乳で食べると一段と風味が増すような気がしますよ。

ご存知、「脂肪と糖」の合体製品ですので、やっぱり美味です。

中はこし餡で、あっさり。

外のドーナツ部分にお砂糖がかかっているので、全体的には、やはり甘いです。

しいて言えば、ドーナツの部分が、もう少しふんわりしていれば、嬉しいかと思います。

パサパサ感が否めないところがマイナスですね。

1パック(2個入り)100円(税抜き)

富田屋の季節紋日商品とは?

富田屋「春の訪れパック」4個入り

出典 もぐナビ口コミサイト

春限定のセットとして、こんなパックも販売中ですよ。

内容は、つぶあんおはぎと、白玉と粒あんを挟んで折りたたんだ半月、そして桜餅の三種類です。

白玉入りというところ、点数高いですよ。(笑)

私はスーパーで見つけることが出来ませんでしたが、なかなか美味しいとの口コミでしたので、試してみたいですね。

富田屋「ほうじ茶といちごが香る詰め合わせ」

こちらも、春ならではの商品です。

中にはほうじ茶だんごと、いちごクリームどら焼きが入っているそうですよ。

ほうじ茶だんごの方は、ほうじ茶餡だそうですが、口コミを見ると、ほうじ茶の風味は薄そうです。

いちごクリームを挟んだどら焼きは好評のようで、いちご風味のクリームと歯切れ良いどら焼きの食感が良さそうです。

これも気になりますね。(笑)

その他の季節商品

富田屋では、季節に合わせた和生菓子が次々と販売されます。

  • 節分商品(鬼のげんこつ豆大福、節分厄除饅頭)
  • ひな祭り商品(ひなまんじゅう)
  • 彼岸商品(おはぎ)
  • 端午の節句商品(杵つきよもぎかしわ餅、杵つきかしわ餅)
  • 土用商品(土用餅こしあん)
  • 月見商品(名月の集い、月うさぎ)
  • 年末餅のみ商品(迎春あん餅)

これらのお餅以外にも、通常の焼き団子、みたらし団子、くずもち、水ようかんなどを手掛けます。

会社情報

住所:大阪府富田林市若松町東3丁目1-36

電話:0721-24-5551

まとめ

大阪を中心とした近畿のスーパーで手広く販売されているのが、富田屋の和生菓子です。

ちょっとスーパーで甘いものを探すとき、よく利用するお菓子ですよ。

注目はそのリーズナブルなお値段と、安定した美味しさです。

確かに高級和菓子のお店に比べると、その原材料にも色々と問題がないとは言い切れませんが、とにかく手頃感が良いですね。

大勢で集まるような、自治会などの会合のおやつなどにも重宝がられているようです。

長年愛され続けているのは、そんなところに理由があるようですね。

会社の4分の3は、女性で成り立っている、この会社。

地域のおばさんたちの愛情で作られているのかもしれません。(笑)

これからも、地元に根付いた商品を販売し続けて欲しい会社です。

皆様も、関西で見かけられたら、是非どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です