札幌に来たら絶対に外せないおすすめのお土産スイーツ10選

北海道と言えば、おいしいものが多いことでも有名ですよね。

スイーツの原料として欠かせない乳製品も豊富なので、シンプルでも味の良いお土産がたくさんあります。

デパートの物産展でもいつも大盛況で、人気商品も数多く知られています。

そこでこの記事では目移りするほど豊富な商品の中から、巨大なお土産市場で長く愛されている人気スイーツをご紹介。

観光地としても人気の地ですから、いずれもお土産にしたら喜ばれるものばかりですよ。

スポンサードリンク

見出し

六花亭「大平原」はシンプルな仕立てのマドレーヌ

出典:六花亭オンラインショップ 

六花亭は北海道で人気の製菓会社で、有名ですよね。

代表スイーツはマルセイバターサンドやストロベリーチョコなどたくさんありますが、この「大平原」もオススメです。

「大平原」はシンプルな仕立てのマドレーヌ

でも、一口食べればバターの香りがかなりしっかり鼻に抜けていきます。

リッチな味わいで、いかにも「原料にこだわっている!」という感じ。

バターは北海道産のものだそうで、商品説明には「固くなりやすいので、20~25℃の室温で保管」をするようにとの指示あり。

冷やすと固くなるとはつまり、バターが豊富な証拠ですよね。

六花亭「大平原」の値段と販売場所

6個入りで780円(税込)。

入り数の展開はさまざまあります。

また、ミニサイズを100g袋詰めにした「めんこい大平原」(360円・税込み)もあります。

北海道で広く販売されている六花亭商品。

札幌市内だけでも直営店が8店舗あり、そのほかショッピングセンター等にテナント店もあるので、広く入手が可能です。

六花亭「大平原」
料金 6個入りで780円(税込)
販売場所 直営店が8店舗、ショッピングセンターなど

きのとや「焼きたてチーズタルト」はチーズムースにこだわり

出典:きのとやHP 

新千歳空港の出店から人気に火が付き、全国区の人気スイーツとなった商品です。

小ぶりなタルトはサクサクしたタルト生地とやわらかなチーズムースという構成。

チーズムースを流し込む前にタルト生地をしっかり焼いているので、食感や香ばしさが感じられます。

もちろんチーズムースにもこだわりがあり、北海道産のチーズをブレンドして作った濃厚な味わい。

冷凍品をお取り寄せも可能ですが、焼きたてをお土産にしたら喜ばれますよ!

きのとや「焼きたてチーズタルト」の値段と販売場所

1ピース216円(税込)。

新千歳空港店のほかにも、さっぽろ地下街ポールタウン店、白石本店、JR札幌駅東口店で焼きたてのチーズタルトが購入できます。

きのとや「焼きたてチーズタルト」
料金 ピース216円(税込)
販売場所 新千歳空港店、さっぽろ地下街ポールタウン店、白石本店、JR札幌駅東口店

スポンサードリンク

フェラム ラ・テール美瑛「北海道美瑛ミルクサンド」は美瑛産の小麦を使用

出典:ラ・テールHP 

東京・三宿の人気店が美瑛に進出してから、瞬く間に人気店となりました。

フェルム ラ・テール美瑛ならではの商品も多数展開。

美瑛にまでは買いに行けないけれど、ラ・テールの商品を食べたい!という要望に応えてくれるのが、「北海道美瑛ミルクサンド」。

クッキー生地は美瑛産の小麦を使っているこだわり。

練乳ミルクソースをチョコレートでコーティングしたものがサンドされています。

フェラム ラ・テール美瑛「北海道美瑛ミルクサンド」の値段と販売場所

8個入りで1080円(税込)。

新千歳空港国内線ターミナルのANA FESTA千歳ロビー店で買うことができます。

フェラム ラ・テール美瑛「北海道美瑛ミルクサンド」
料金 8個入りで1080円(税込)
販売場所 新千歳空港国内線ターミナルのANA FESTA千歳ロビー店など

カルビー「じゃがポックル」は定番のロングセラー商品

出典:ポテトファームHP 

ポテトチップスで有名なカルビーは、北海道に自社のじゃがいも農場を持っています。

その農場のこだわりを詰めた商品が「じゃがポックル」。

もはや北海道土産の定番といえるロングセラー商品です。

大きめサイズに切ったじゃがいもをフライにして、塩味をつけたもの。 塩はオホーツクの塩!と北海道づくし

大きめにカットされているため、お芋の味わいはしっかり感じられ、マイルドな塩味でどんどん食べ進められてしまう、食べ始めたら止まらないスイーツです。

男女問わず喜ばれるので、職場のお土産に向いています。

カルビー「じゃがポックル」の値段と販売場所

18g×10袋入りで885円(税込)。

北海道内の空港や駅、土産物店で広く販売されています。

個包装で配ってもボリューム感がありながら、軽いのもお土産向きですね。

カルビー「じゃがポックル」
料金 18g×10袋入りで885円(税込)
販売場所 北海道内の空港や駅、土産物店など

もりもと「ハスカップジュエリー」は一粒が宝石のよう

出典:もりもとオンラインショップ 

ハスカップは北海道の特産品で、他県ではあまりお目にかかることがありません。

ブルーベリーに似た果実ですが細長く甘酸っぱいのが特徴で、個性のある味なのでスイーツに仕立てるのが難しい側面も持っています。

このハスカップを使ったジャムをバタークリームとともにクッキーでサンドしたのが、「ハスカップジュエリー」。

バタークリームと合わせることで味がまろやかになっています。

クッキーの周りはチョコレートで縁どられているので、一粒が宝石のような仕立て。

カットした断面からハスカップジャムのきれいな色が見えると、食欲をそそられます!

もりもと「ハスカップジュエリー」の値段と販売場所

4個入り720円(税込)。入り数はバリエーションがいろいろあります。

もりもとは北海道で広く展開している和洋菓子・パンの製造会社なので、空港など以外にもイオンなどのショッピングモールでも展開があります。

もりもと「ハスカップジュエリー」
料金 4個入り720円(税込)
販売場所 空港、イオンなどのショッピングモールなど

柳月「三方六」は材料のすべてを北海道産というこだわり

出典:柳月HP 

しっとりとしたバウムクーヘンをミルクチョコレートとホワイトチョコレートでマーブル状にコーティングしたお菓子。

イメージは「白樺の木肌」だそう。

材料は小麦粉・バター・砂糖・卵のすべてを北海道産にしているのがこだわり。

ちなみに「三方六」という名前は、薪の割り方が由来で、三方がそれぞれ六寸(約18センチメートル)というところからきているそう。

開拓時代の北海道で冬の燃料として使われていた薪で、癒された歴史が反映されているのだそうです。

柳月「三方六」の値段と販売場所

1本は10カットにされていて、630円。「三方六の小割」という商品もあり、5本入りで600円(いずれも税込み)。

柳月は十勝に本社工場を構える、和洋菓子の製造業。直営店舗も多いほか、スーパーやデパ地下などでも購入が可能です。

柳月「三方六」
料金 1本630円(税込)
販売場所 直営店舗、スーパーやデパ地下など

きのとや「札幌農学校」は個包装でなおかつお手頃価格

出典:きのとやHP 

ただただシンプルなミルククッキーなのに、じんわりとおいしいのが「札幌農学校」。

商品名の由来は、北海道大学の前身学校の名前。

クラーク博士の指導のもとで開拓や農業を営む人材を育成していました。

きのとや「札幌農学校」の値段と販売場所

12枚入り540円(税込み)。入り数のバリエーションはさまざまあります。

個包装でなおかつお手頃価格なので、たくさんの方に配るお土産などにピッタリ。

古くからあるスイーツなので、「これ知ってる!」と喜ばれることでしょう。

きのとやの店舗はたくさんあります。

新千歳空港やJR新札幌駅店、札幌駅直通の大丸にも店を構えています。

きのとや「札幌農学校」
料金 12枚入り540円(税込)
販売場所 新千歳空港やJR新札幌駅店、札幌駅直通の大丸など

石屋製菓「白いバウムTSUMUGI」はホワイトチョコレートが美味い

出典:石屋製菓HP 

「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が出している、真っ白なバウムクーヘン

「白い恋人」でも使われているホワイトチョコレートを生地に練り込んであり、しっとりした生地になっています。

また風味にもコクがプラスされています。

石屋製菓「白いバウムTSUMUGI」の値段と販売場所

1ホール、1296円(税込)。だいたい直径は15cmくらいです。

ISHIYAショップはデパートや札幌大通りにもあります。

空港での取り扱いもあるので、移動の際にも購入できますね。

また札幌市西区にある「白い恋人パーク ショップ・ピカデリー」では、この店だけの限定商品などもあるそうなので、目移りしてしまいそうです。

石屋製菓「白いバウムTSUMUGI」
料金 1ホール、1296円(税込)
販売場所 新千歳空港、札幌市西区にある「白い恋人パーク ショップ・ピカデリー」など

ロイズ「ポテトチップスチョコレート」はチョコレートの甘さが絶妙にマッチ

出典:ロイズHP 

ロイズと言えばチョコレートで有名な、北海道に人気店です。

表面をギザギザにスライスしたポテトチップスをチョコレートでコーティングした一品。

ポテトチップスの塩味と、チョコレートの甘さが絶妙にマッチします。

ギザギザにスライスしていることで表面積が広くなり、チョコレートのコーティングもたっぷり。

止まらなくなるおいしさです。

ロイズ「ポテトチップスチョコレート」の値段と販売場所

190g入り一箱、778円(税込)。

プレーンタイプ以外にも、キャラメルやフロマージュブラン、ビターと味のバリエーションもあります。

ロイズの直営店は札幌市内にも、北海道内にもたくさんあります。デパートに入っている店舗や、空港店もあります。

ポテトチップスはややかさばるので、帰りがけに空港で購入というのも、良いかもしれませんね。

ロイズ「ポテトチップスチョコレート」
料金 190g入り一箱、778円(税込)
販売場所 ロイズの直営店、デパート、空港など

SHINYA「ふらの雪どけチーズケーキ」は香ばしさとサクサク感のある生地

出典:SHINYA HP 

「ふらの雪どけチーズケーキ」は4層からなる、チーズケーキ。

土台は「パートシュクレ」。香ばしさとサクサク感のある生地です。

その上に山ぶどうジャム。酸味がアクセントとなります。

クリームチーズで作ったベイクドチーズケーキのタネを入れて焼き上げ、上面には生クリームをふんわりと飾っています。

上面にふんわり盛られた生クリームの白が「雪どけ」の名にピッタリの外観です。

SHINYA「ふらの雪どけチーズケーキ」の値段と販売場所

1台(ホール)、1400円(税込)。

SHINYAの本店は富良野にありますが、SHINYAが店舗数豊富なもりもとグループになったので、北海道での購入もぐっと便利になりました。

SHINYA「ふらの雪どけチーズケーキ」
料金 1台(ホール)、1400円(税込)
販売場所 SHINYAの本店、その他分店

まとめ

北海道のお土産は名品ぞろいで、「お土産」というジャンルというよりは本格的なスイーツを追求しているものばかり。

また有名店が多く道内での店舗展開が盛んなので、買いたいお土産の入手が比較的容易な点もうれしいですね。

一度おいしいスイーツに出会えたら、北海道物産展やオンラインショップで再び買えるのも助かります。

自分へのご褒美スイーツを探してみるのも、良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です