【奈良】花仙堂の和菓子を食べてみた感想とおすすめの和菓子13選

奈良と京都にお店がある、「花仙堂」の和菓子です。

ちょっと気になったのは、右側の、まるで「丁稚羊羹」のような和菓子。

「丁稚羊羹」のような見た目ですが、中身は全くの別物。

そろそろ、日中は暑くなってきましたので、こんな涼し気な和スイーツをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

花仙堂とは?

出典 花仙堂公式ページ

少しローカルなお店になりますが、奈良のスーパーなどでは、必ず目にする和菓子販売のお店です。

いわゆる、地元の和菓子屋さんですが、地域に根付いた人気のお店ですよ。

季節の和生菓子や、どらやき、スイートポテトなども販売しています。

ちょっと風変わりな、バースデーケーキならぬ、バースデー上生菓子なども手掛けます。

花仙堂の「わらび餅」を実食レビュー!

少し黄色みを帯びた、わらび餅ですが、和三盆を使用しているからだと思います。

しっかりとしたわらび餅が、カットされて、ぎっしりと詰まっています。

ひと箱あれば、三人分はあるのではないでしょうか。

きな粉と、黒蜜が添えられているので、お好みでかけることが出来ます。

わらび餅は、結構しっかりした食感です。

とろとろわらび餅を売りにしているところもありますが、柔らかくはありません

四角くカットされていますが、そのままの形が崩れないタイプですね。

わらび餅そのものの味は、あっさりとした甘さ

もちろん、そのままでもいただけますが、やはりきな粉や、黒蜜をかけた方が美味しいかと思いますよ。

香ばしいきな粉には、お砂糖もかなり混ぜてあるようですので、きな粉をかけると、一気に甘さが増します。

そこに、これでもかと、黒蜜を投入!!(笑)

甘さも増しますが、黒糖の良い香りと、風味が増して、イケます

残ったきな粉を、残った黒蜜とまぜまぜして、いただくと、最高!!(私だけ?)

ということで、美味しくいただきました。

ひと箱500円(税抜き)

スポンサードリンク

花仙堂の「葛あずき」を実食レビュー!

お豆腐のパックくらいの大きさでしょうか。

先日、ご紹介した奈良の「丁稚羊羹」風の見た目ではあります。

が、切ってみると、全く別物。

ねっとりとした切り口は、「丁稚羊羹」のさらりとした寒天のものではありません。

葛粉が入っているので、とにかく粘りがちがいます。

ちょっと画像がお粗末ですが、持ち上げたときに、これほどの粘りで、ぶら下がるほど。

画像からも、わかりますでしょうか。

口に入れると、舌に絡みつくようなねっとりとしたモチモチ感があります。

「丁稚羊羹」の方は、口に入れると、あっさりと溶けてしまいますので、かなり存在感が違いますね。

甘さは控えめになっていますが、このねっとり感は、羊羹でもなく、わらび餅でもなく、独特のものですね。

私は、従来の「丁稚羊羹」(さらりとした寒天仕上げ)の方が好きです。

一度試してみて頂きたい味ですが。

ひと箱240円(税抜き)

花仙堂のおすすめ和菓子13選

季節の生菓子

(出典 花仙堂公式ページ

何といっても、生菓子が一番。

素朴な生菓子が、沢山並んでいます。

季節の移ろいをそのままに、デザインされた生菓子は、ケーキにはない風情がありますね。

どら焼き

(出典 花仙堂公式ページ) 

柔らかな生地に、北海道の大納言を使用し、丹精込めて焼き上げた、どら焼きです。

花仙堂では、人気の商品

ふっくらとした生地と、上品な粒あんが決め手です。

豊り栗(みのりぐり)

(出典 花仙堂公式ページ

吟味された一粒栗が丸ごと入った、風雅な銘菓です。

栗の好きな人には、最適

まろやかな白あんと、栗の風味が最高に生かされたお菓子です。

おいしんぼう

出典 花仙堂公式ページ

やわらかな饅頭生地に、ごぼう入りの白あんと、こし餡が入った珍しいもの。

二重の餡の美味しさが楽しめますよ。

菊咲月(きくさきづき)

出典 花仙堂公式ページ

菊の香と、秋の月を連想させる菊文様の焼き菓子です。

中は、黄身餡になっています。

まろやかな黄味餡の風味が、根強い人気の商品ですよ。

花果(はなこのみ)

 

出典 花仙堂公式ページ

こんがりと焼き上げた、パイ饅頭です。

特製の栗あんと、北海道産のハスカップが入った白あんの二種類があります。

パイ生地のバターの香りと、香ばしさが、餡にマッチして美味しいですよ。

外山の里(とやまのさと)

出典 花仙堂公式ページ

極上の大納言小豆を使用して、万葉の時代に詠まれた外山(生駒山)に似せたカタチに焼き上げています。

あっさりとした粒あんで、素朴なお饅頭になっています。

今も昔も変わらない味。定番の焼き饅頭ですね。

悠水(ゆうすい)

出典 花仙堂公式ページ

大きな一粒栗と、鹿の子餡が入った錦玉羹です。

キラキラとしたゼリーに封じ込められた、栗と鹿の子が、とてもきれいな和菓子ですよ。

瑞々しく仕上げられた、風雅な銘菓です。

花仙しぐれ

出典 花仙堂公式ページ

風味ゆかしい大納言小豆をしっとりと蒸した村雨で巻き上げた、上品なお菓子です。

村雨とは、米粉と餡を混ぜて蒸したもの。

ホロホロと、口の中でほどけるような優しい食感ですが、口の中に入ると、もっちりした噛み応え

あっさりとした大納言には、ぴったりです。

平城山路(ならやまじ)

出典 花仙堂公式ページ

丹波大納言と栗の取り合わせが絶妙な棹菓子です。

大納言の美味しさと、栗の風味が合わさって、高級感のある棹菓子に仕上がっていますよ。

食べたい時に食べたいだけ切り分けられるのが良いですね。

渋い日本茶が合います。

栗つれづれ

出典 花仙堂公式ページ

大粒の栗が入った、こし餡の羊羹です。

一粒栗をしっかりと味わいたいなら、やはりこの「栗羊羹」が定番ですね。

栗を先に食べるのか、後に残すのか。(笑)

お好みでどうぞ。

すいーとぽてと

出典 花仙堂公式ページ

鳴門金時を、たっぷりと使用したすいーとぽてとです。

素朴な味わいながら、しっとりとした食感が魅力的。

和菓子ならではの上品なすいーとぽてとに仕上がっていますよ。

花仙堂の風変わり「バースデー上生菓子」

(典 花仙堂公式ページ

お誕生日や、各種お祝いに、キャラクターや好みのデザインで創作上生菓子を作ってくれます。

なんだか食べるのがもったいないような和のケーキですね。(笑)

キャラクターも選べるなら、子供さんも大喜び!!

ローソクも立てられるのかな?(笑)

でも、ボコボコになりそうなので、おすすめはしませんが。(笑)

予算に合わせた、オーダーメイドの上生菓子ですよ。

作っている人も楽しいのではないかと思ったりしますね。

(私も作ってみたい)

出典 花仙堂フェイスブック

季節に合わせた上生菓子も、この通り。

こどもの日は、こいのぼりバージョン、クリスマスならサンタクロースと、花仙堂のフェイスブックには紹介しています。

あれこれイマジネーションがわいてくるお菓子ですね。

生クリームや、小麦粉がダメなお子さんでも食べられます。

和菓子好きな人へのプレゼントとしても最適。

何よりも、カラフルで楽しいオリジナルなデコレーションが良いですよね。

一度オーダーしてみては如何でしょうか。

お店情報

花仙堂

住所:奈良県奈良市押熊町1068-2

電話:0742-48-3755

営業時間:9:00~18:30(火曜定休日、火曜日が祝日なら営業)

まとめ

奈良市内にある、街の和菓子屋さん「花仙堂」。

スーパーでも買える和菓子を制作しています。

お値段もお手頃で、バラエティー豊かな味わいが魅力的です。

伝統的な和菓子から、斬新なバースデー上生菓子まで。

個性豊かな和菓子を、あなたも是非どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です