東京アマンド六本木のおすすめスイーツ特集!六本木チーズミルフィーユを食べた感想。

出典:アマンド六本木公式ページ

随分とレトロな喫茶店!!

こちらは、1946年に、東京新橋に喫茶と甘味のお店として誕生した、喫茶「アマンド」です。

当時は斬新なこの「ピンク」を基調とした建物。

アマンドピンク」と、のちに呼ばれるようになります。

そんなアマンドの洋菓子をご紹介いたします。

アマンドの歩みは洋菓子と喫茶文化の歩みです。

出典:アマンド公式ページ

1946年に新橋に喫茶と甘党のお店「アマンド」が開店。

店名は、甘人=あまんどという説と、アーモンドのフランス語がアマンドだからという説の二つがあるそうですよ。

1949年に、有楽町店を開店してから、「アマンドピンク」の喫茶店は、「本格的な洋菓子と喫茶のお店」として、話題を呼び、「アマンドスタイル」と認知されていきました。

1952年には、アマンドの人気商品「リングシュー」が誕生。

フォークとナイフで食べる、リング状のシュークリームは、たちまち行列の出来る看板商品になりました。

1964念には、ついに六本木にお店を開店。

「待ち合わせは、アマンドで。」

そんな若者のお洒落なスポットになっていたのですね。

今では当たり前の、おしぼりの提供なども、アマンドが始めたサービスと言われます。

1966年には、創業20周年を迎え、レストランルームも開店。

洋菓子と喫茶のお店として、東京を中心に店舗があります。

東京アマンド六本木の「六本木チーズミルフィーユ」を実食レビュー!

ネットで見つけたお菓子です。

パッケージも、どことなくレトロな雰囲気がありますよ。

サクサクのパイに、チーズクリームをサンドしてあるそうです。

自分で、好きな大きさにカットするタイプのようですね。

箱から出すと、白い粉砂糖がかけられた、ふんわり軽いパイです。

備え付けのプラスティックのナイフで切っても良いのですが、包丁で切った方が、より綺麗に切れますよ。

だいたい6人から7人分くらいにカットできると思います。

横から見ますと、こんな感じになります。

ふんわりサクサクのパイの感じが、画像からもわかるかと思います。

間から見えているのが、チーズクリームでしょうか。

パイを一枚はがしてみると、中はこのような感じですよ。

良く見れば、ちょっと黄色っぽいクリームと、白いミルククリームが混ざっているようです。

原材料を見れば、黄色いのは、カスタードフラワーペーストで、チョコレートと、チーズパウダーを含みます。

一方の白いミルククリームの方は、植物油脂や、ぶどう糖、麦芽糖、粉糖など、糖類が多いですね。(汗)

残念ながら、バターではなく、マーガリン使用のパイのようですしね。

口に入れると、サクサクのパイ生地。

中のミルククリーム?は、ちょっと昔風のざらつきのある食感で、甘い。

バターではない、マーガリンの風味!?がたっぷりと感じられます。

そのあたり、ちょっと引っかかってしまうのは、私の悪いところかもしれませんが。(笑)

ほんのりしたチーズの風味。

はっきり言うと、全体的にレトロな味

ひと昔前にタイムスリップしたような味と言う事ですね。

懐かしい味をお求めなら、買ってみるのも良いかもしれません。

甘いですので、苦めのコーヒーと一緒に是非どうぞ。

一本1000円(税抜き)

スポンサードリンク

アマンドが提案する「六本木チーズミルフィーユ」の食べ方

出典:アマンド楽天ショップ公式ページ 

ミルフィーユをサクサク食べるなら

ミルフィーユというのは、「千枚の葉」を意味するフランス生まれの焼き菓子です。

パイ生地を何度も折り重ねて出来る薄い層の重なりをたとえて、つけられた名前なのですね。

パイの層に湿気を含むと、しんなりしてしまうので、そのままいただくのが一番サクサクに召し上がれると言う事ですね。

ミルフィーユをしっとり食べるなら

チーズクリームをサンドした、この「六本木チーズミルフィーユ」の場合は、少しだけ温めることで、チーズの風味が引き立ちます

普通のミルフィーユとは、一味違う美味しさになりますよ。

ただし、温めは、ほんの少しだけ

トースターなら、予熱後10~15秒。

電子レンジは、500wで10~15秒。

これを目安に、くれぐれも温めすぎないことです。

東京アマンド六本木の伝統のロングセラースイーツ「リングシュークリーム」

出典:アマンド六本木公式ページ

ふんわりシュー生地に、昔ながらのカスタードクリームと、生クリームをサンドしたもの。

昭和らしい素朴な味わいのシュークリームです。

1952年に誕生してから、アマンド伝統のロングセラースイーツ。

変わらない人気の定番商品ですよ。

リングシュー2018のラインナップ

  • 苺クリーム&カスタード
  • ショコラクリーム&カスタード
  • アーモンドキャラメルクリーム&カスタード

フレーバークリームとカスタードクリームのダブルクリームが入っています。

それぞれの組み合わせを楽しめるシュークリームですよ。

ナイフとフォークで、お洒落に食べるスタイルです。

各種一個360円(税込み)

東京アマンド六本木の喫茶で食べれる「ふわっとろフレンチトースト」

ふわっとろフレンチトースト、ミックスフルーツ

出典:東京アマンド六本木公式ページ

バターの香り豊かなデニッシュパンをアマンド特製の「アパレイユ(卵液)」に一晩漬けこんでオーブンでじっくり焼き上げてあります

ふんわり、とろ~りした食感と、コクのある味わい。

3cmもある分厚いデニッシュパン2枚の上に、さらにフルーツをたっぷりのせた、アマンドオリジナル商品です。

単品1280円(税込み)

ふわっとろフレンチトースト桜クリームの苺畑(季節限定)

出典:東京アマンド六本木公式ページ

桜味の口どけ軽いシャンティークリームと、苺づくしの春限定メニュー。

シャンティクリームとは、生クリームを泡立てて、砂糖、バニラなどの香料を加えたものです。

単品1280円(税込み)

ふわっとろフレンチトースト、トリプルベリーの春ごころ(季節限定)

出典:東京アマンド六本木公式ページ

春苺を主役にラズベリーとブルーベリーを敷き詰めた、春を楽しむ贅沢気分のフレンチトースト。

単品1180円(税込み)

モンブラン(季節限定)

出典:東京アマンド六本木公式ページ

濃厚バニラアイスクリーム、二種類のマロンクリーム、渋皮栗を載せた、モンブランのフレンチトースト

単品1280円(税込み)

アップルパイ

出典:東京アマンド六本木公式ページ

濃厚バニラアイスクリーム、りんごのコンポート、さくさくパイを添えました。

アップルパイのフレンチトーストです。

単品1180円(シングルサイズ)1380円(ダブルサイズ)

リンゴのコンポート・レーズン・アーモンド

出典:東京アマンド六本木公式ページ

リンゴのコンポートや、レーズン、アーモンドを散らした、ヘルシーなフレンチトーストです。

シナモンの香りが、豊かなフレンチトーストです。

単品1080円(税込み)

お店情報

住所:東京都港区六本木6-1-26

電話:03-3402-1870

営業時間:月~木・日・祝10:00~23:00 金・土10:00~27:00

週末は深夜営業しているんですね。(すごい)

まとめ

昭和の香りがプンプンするお店。

現代の甘党に贈る、昭和コンシャスな甘味メニューがたっぷり。

華やかで、どこか懐かしい洋菓子を提供する、「東京アマンド六本木」。

私は、関西なので、近くに店舗はありませんが、今回は「六本木チーズミルフィーユ」をネットで手に入れましたよ。

こちらも、昔風のお味。

そんなお菓子を探している方は、チェックしてみてくださいね。

近くの方は、パーラーへも、どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です