【佐賀】村岡総本舗「小城羊羹」を食べた味の感想と料金について

出典:村岡総本舗公式ページ

地元のRKBラジオでは、村上総本舗の番組が存在するらしく、「羊羹・和菓子のおいしさ講座」を放送しているのだとか。

とにかく、「小城羊羹」と言えば、かなり伝統ある羊羹のようで、知らなかった私が恥ずかしいくらい!?(汗)

デパ地下で見つけたのも、何かの御縁。

羊羹と言えば、「とらや」や、「井村屋」という固執を捨てて、いただいてみたいと思います。

村岡総本舗の歴史と伝統

出典:日本の良いもの物産展サイト

村岡総本舗は、明治32年(1899年)に羊羹製造を開始

昭和24年に有限会社村岡本店を設立しています。

100年以上前に羊羹を作り出し、まもなく作られたレッテル(ラベル)には、銘味練羊羹と大きく表記してあるとか。

この「銘味」という言葉には、「肝に銘ずる」という言葉通りに、いつまでも忘れられない味という意味があるそうですよ。

村岡総本舗の羊羹は、佐賀県を中心に、九州、近畿、関東でも、広く販売されています。

お茶の席にも欠かせない和菓子ですが、季節感のなくなってきた現代こそ、旬を表すものの代表として、その価値があります。

伝統の小城羊羹「切り羊羹」とは?

出典:日本の良いもの物産展サイト

小城羊羹の代表格は、外側の砂糖のシャリ感と、中のやわらかさが好評の「切り羊羹」です。

この、砂糖掛けの伝統の羊羹の方は、日が経つにつれ、砂糖のシャリ感が増すらしく、そこが魅力的だというファンが多いそうですよ。

液状の羊羹を箱に流し込み、一昼夜寝かせ、固まった状態のものを手で切り分けて、竹の皮などで包みます。

そのため、流し込み羊羹に比べて、日持ちがしないのが難点

ただ、一昼夜寝かせる段階で、余分な水分が飛ぶため、外側に砂糖のシャリ感が生まれるのですね。

また、密封式の羊羹よりも練りが控えめなので、かえって中身は柔らかいのも特徴らしいです。

手間がかかる上に、日持ちがしない「切り羊羹」ですが、根強いファンの支えがあってこそ、地元の佐賀県では、多くの店舗でいまだに作られているのです。

佐賀県の羊羹の消費額は、全国平均の二倍以上とか。(笑)

羊羹愛を感じますよね。

今度見つけたら、是非試してみたいと思います。

スポンサードリンク

小城羊羹「流し込み練羊羹」とは?

私が買ったのは、この三種類の練羊羹になります。

一口サイズで食べやすそう。

箱の模様がお洒落で、デザインもステキですね。

この模様は、300年前からの名所である小城公園の桜をイメージされているのだそうです。

銀色のラミネートに流し込んだ、「流し込み羊羹」ですね。

だいたい最近の羊羹は、これが主流ですよ。

この製法は、昭和の初めくらいから始まりました。

村岡総本舗も、練羊羹の練り具合にはこだわりがあります。

「羊羹練り十年」と、和菓子界では言われるくらい、羊羹の煉り具合は、難しいのだそうですよ。

温度や湿度の加減で、練り具合を調節します。

冬は練り過ぎて砂糖の結晶が出ないように。夏は温度が高くなり、水と餡が分離しないように。

職人さんは、一時も気を緩める暇がないくらい。

そんな手間暇かけた練羊羹の味は、絶妙。

村岡総本舗の練り羊羹は、素晴らしい技術で、沢山の人の舌をうならせてきたと言う事です。

村岡総本舗の「本煉」を実食レビュー!

本煉(ほんねり)は、こし餡の羊羹です。

「羊羹本来の味を楽しむのは、小倉よりもこし餡」という方もいらっしゃるくらい。

煉りかげんがダイレクトにつたわる羊羹ですね。

少し半透明のような、練餡の綺麗な光沢がよくわかります。

口に入れると、ごく上品な甘さ。

村岡総本舗では、白双糖(はくざらとう)、氷砂糖、和三盆糖と、三種類の砂糖を使い分けておられるらしいです。

口に、いっさいの嫌みな甘さが残らない、この「本煉」には、あっさりとした白双糖が使用されているようです。

また、仕上げに和三盆糖を使用することで、風味を出しています。

上品で、飽きのこない、羊羹の美味しさを極めた味。

これは、美味しいと思います。

とらやよりも、あっさりしているのかも。

オススメします。

一本120円(税抜き)

村岡総本舗の「小倉」を実食レビュー!

つぶ餡の羊羹が、小倉です。

口に入れると、「本煉」と同じく、あっさりとした煉り羊羹の味が先立ちますが、違うのは、小豆の存在

歯にあたる小豆の豆感が、羊羹のアクセントとなっています。

確かに、練羊羹には、さらりと頂けるこし餡の方が合っているのかもしれませんが、小豆本来の味なら、こちらの方が味わえます。

お豆の持つ、香りや旨みがダイレクトに伝わる感じ

噛みしめると、豆の皮の食感もあり、これはこれで、美味しいです。

小豆の醍醐味を感じたいなら、どっしりとした「小倉」がオススメですね。

一本120円(税抜き)

村岡総本舗の「抹茶」を実食レビュー!

やっぱり、買ってしまった「抹茶」味です。(笑)

口に入れると、心地よい抹茶の香り。

抹茶の苦みや、渋みはあまりありません。

練羊羹の味に馴染んだような、優しい抹茶味ですね。

舌の上でころがすと、鼻から抜けるお抹茶の香りをさらに良く味わえるのかもしれません。

もっと濃い抹茶が良いと言われる方は、いるかも。

村岡総本舗の「抹茶」は、あっさりと、いただける練羊羹ですよ。

一本120円(税抜き)

村岡総本舗のその他の「練羊羹」

  • 紅練(べにねり)

高級な豆である、備中産白小豆と、北海道産大手亡豆を桜色に染めた羊羹。

小倉と共に、人気の練羊羹です。

  • きびざとう

通常は、白双糖(ハクザラ糖)を使用しますが、きびざとうを使用することで、黒糖のコクと甘さの羊羹になります。

  • 青えんどう

青えんどうの餡と粒が入っています。

庶民的なイメージの青えんどうですが、価格が高騰して、結構な高級品となりました。

私が買った、この「小型小城羊羹」は、手を汚さずに食べられるので、お土産に選ばれる方が多いとか。

甘いものが少しだけ欲しいときに重宝しますよ。

村岡総本舗のどら焼き

出典:村岡総本舗公式ページ

「練羊羹」のほかに、村岡総本舗で人気なのが、どら焼き三兄弟と言われる、三種類の「どら焼き」です。

「とら焼宗歓」

出典:村岡総本舗オンラインショップ

しっとり感のある虎のしま模様の生地と、北海道産大手亡豆(白いんげん豆)の粒を散りばめた紅餡の優しい味わいです。

皇太子殿下がお買い上げになった商品とか。

羊羹との詰め合わせもあり、村岡総本舗の一番人気のお菓子です。

一個120円(税込み)

「どら焼」

しっとりと焼き上げた生地に、粒あんが入った、「どら焼」

あっさりとした餡が、もっちりとした生地と良く合います。

上品な美味しさが定評の「どら焼」です。

一個130円(税込み)

「くり三笠」

同じように焼き上げた、しっとりとした生地で、粒あんと、甘露煮にした栗つぶが挟んであります。

栗の量が、通常よりもずっと多いのが特長です。

小ぶりな栗つぶが、3~4個入っていますよ。

おすすめです。

一個195円(税込み)

とら焼宗歓、どら焼き、くり三笠の三種類が入ったセット、「どら焼三兄弟」は、一袋445円(税込み)です。

お店情報(佐賀総本店)

住所:佐賀市高木瀬町東高木(致遠館高校前)

電話:0952-31-2106

営業時間:8:00~20:00

まとめ

九州の佐賀県に、村岡総本舗あり

練羊羹の老舗中の老舗である、伝統あるお店です。

佐賀は、羊羹消費額が、半端ではないと言われるほどの県民性もあり、この伝統ある「練羊羹」の歴史が存在しているのですね。

羊羹と言えば、「とらや」と、パブロフの犬のような私の脳裏にも、新たな刺激があったスイーツとなりました。

素晴らしい職人技と、素材の良さを感じる「小城羊羹」を、是非おためしください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です