【愛媛】母恵夢のおすすめスイーツ特集!限定スイーツを食べた感想。

出典:母恵夢公式ページ

積み木の家のような楽しい建物は、瀬戸内銘菓「母恵夢」のスイーツパークです。

お菓子から広がる家族の笑顔。お菓子から生まれる家族のつながりを感じる場所でありたい。

そんな想いをのせて誕生したお菓子のテーマパークだそうですよ。

銘菓「母恵夢」とは、どんなお菓子なのでしょうか。

本日は「母恵夢」のスイーツをご紹介いたします。

株式会社「母恵夢」の歴史

昭和31年、松山市大街道商店街にて創業

開店以来変わらぬ銘菓「母恵夢」を筆頭に、和洋菓子を作り続けるお店です。

文化創造人として、日々お菓子作りに励む会社だということですよ。

本社・工場である母恵夢スイーツパークでは、愛媛県食品自主衛生管理認証施設第一号群となる認証を交付されています。

「母恵夢」はこんなお菓子です

出典:食べログサイト

「母恵夢」は和菓子の上品な味わいと、洋菓子素材の芳醇な風味を独自の製法技術で調和させた創作菓子です。

北国のフレッシュバターと卵黄を加えた餡の絶妙な取り合わせと、ほのかなバニラの香りがたまりません。

また、「母恵夢」の表面には、無数の穴が開いていますが、これはムラなく焼き上げるための工夫だそうですよ。

芯まで火を通し、ほっくりした豊かな味わいを生み出すための工夫です。

窯にいれ、上部はこんがりと、側面はきれいな卵色になるように温度調節して、二つの焼き色のコントラストを入れます。

職人の技と思いが伝わる美味しい「母恵夢」はこのように作られています。

スポンサードリンク

プレミアム母恵夢とは?

出典:母恵夢公式ページ

昭和28年に誕生した「母恵夢」というお菓子は、「愛媛の銘菓」と親しまれてきました。

当初は、手で包んで、一つ一つ丁寧に焼き上げていたものを、厳選した材料と現代の技法でさらに磨きをかけて再現したのが、プレミアム母恵夢です。

原材料は、愛媛県産平飼い鶏の卵、北海道ビートから取った砂糖、北海道産のてぼ豆などなど。

どこか懐かしいけれど、新しい特別な味わいになっています。

限定店舗のみの販売になります。

ひと箱(5個入り)756円(税込み)

新発売のベビー母恵夢「宇治抹茶」とは?

出典:母恵夢公式ページ

ふくよかな香りと、深い味わいが魅力の宇治抹茶です。

生地にも餡にも抹茶を贅沢にブレンドし、風味をそこなわないように丁寧に管理して焼き上げてあります。

ひと口かじると、抹茶の爽やかな香りと、バターや卵の優しい風味が口いっぱいに広がります。

綺麗な抹茶みどりの外観も、若草の季節を感じさせる母恵夢ですよ。

こちらの商品は、4月10日~5月末までの期間限定商品です。

お急ぎください。

ひと箱(6個入り)540円(税込み)

初夏限定の「ベビー母恵夢 瀬戸内レモン」販売スタート

出典:母恵夢公式ページ

今回いただいたのは、春夏限定の「ベビー母恵夢 瀬戸内レモン」です。

レモンのみずみずしいパッケージが印象的ですよ。

実は、国内で流通しているレモンのうち、10%が国内産で、そのうち80%は瀬戸内産です。(すごいですね)

瀬戸内は、降水量が少なく、平均気温15度という温暖な気候に恵まれ、雨と風に弱いレモンにとって、理想的な気候なんだそうです。

そんな瀬戸内ですくすく育った「黄金色のレモン」を使ったのが、「ベビー母恵夢瀬戸内レモン」です。

フレッシュなレモンゼリーと果皮を黄味あんに練り込んであるそうです。生地にもレモンの風味をつけているとの事。

期待大ですね。

冷やして食べるのがツウな食べ方だと、書いていました。

「ベビー母恵夢瀬戸内レモン」を実食レビュー!

出典:母恵夢公式ページ

私の好きな瀬戸内スイーツに、「レモンケーキ」がありますが、パッケージを開ければ、レモンの香りがあふれ出るのは、全く同じ。

フレッシュな香りと、外側の饅頭の皮は、ほろほろで、柔らかく、口のなかで溶けてしまいます

中の餡は、思ったほど柑橘の味は強くはありません。

きめも細かくて、やはり溶けるほど。

中にかすかにレモンゼリーなるものや、果皮が入ってはいるようですが、食感をはっきりと感じるほどでもありません。

それでも、初夏のお菓子としては、爽やかで美味しいと思います。

お土産にも喜ばれそうですね。

一袋(6個入り)540円(税込み)

「母恵夢」の初夏限定「クリームサンドサブレ瀬戸内レモン」

 

出典:母恵夢公式ページ

定番商品の「クリームサンドサブレ」にも、瀬戸内レモン味が登場です。

鮮やかなレモン色のサブレは、見た目も爽やか。

新鮮なレモン果汁をサブレ生地に加えて、焼き上げたものですよ。

ホワイトチョコベースの特製クリームにもレモン風味がプラスされています。

サクッとした軽快な食感で、ほろりと崩れるサブレ生地に、とろりとしたなめらかなクリーム。

アーモンドパウダーがサクサク感をアップしています。

どこからかじっても、甘酸っぱいレモン風味がするサブレは、リフレッシュには最適かも。

紅茶にもピッタリかと思います。

お饅頭よりもサブレの方が食べやすく、軽いいただけるので、人気があるようですね。

8月末までの限定商品ですよ。

常時販売商品に、プレーンなクリームサンドサブレもあります。

是非どうぞ。

一袋(5枚入り)648円(税込み)

瀬戸内銘菓「母恵夢」の愛媛限定商品

媛(ひめ)の手織りパイ

出典:母恵夢オンラインショップ

手作業にこだわる、愛媛県内でしか販売していないパイです。

芳醇なバターの香りと、サクッと崩れそうな軽い歯触りが魅力的なパイ菓子になっています。

熟練の職人が、丹精込めてパイ生地を溶けないように何層にも手で織り込んでは重ねるという作業で作っています。

オリジナルな木枠で成型して切り分け、一枚一枚焼き上げられたパイは、お菓子の芸術品。

貴重な一枚ですね。

オンラインショップなら、手に入りますよ。

取り寄せてみようかと思います。

ひと箱(4枚入り)432円(税込み)

一朶(いちだ)の雲

出典:楽天市場

一朶の雲って、いったい何?

と、思われた方は大勢おられるのでは?

日露戦争の意味を分かりやすく書いた小説のタイトルである、「坂の上の雲」あとがき(文春文庫)からの抜粋文。

「坂の上の青い天にもし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば、それのみ見つめて坂をのぼってゆくであろう」

ようするに、ひとかたまりの雲を指します。

甘酸っぱくてジューシーな伊予柑と、滋味豊かで香ばしい「はだか麦」を使ったお饅頭です。

愛媛の特産物である二つの素材の良さを生かし、仕上げてあります。

時間をかけて炊いた伊予柑の餡を白あんにしのばせ、はったい粉(麦粉)を使った香ばしい生地で包んであります

むかしは、よく食べられていた、「はったい粉」ですが、最近はめったにお目にかからなくなりましたね。

また、愛媛には、「一六タルト」で有名な「一六本舗」というお店があります。

「一六タルト」とは、スポンジで四国特産の柚子を使った餡をスポンジで巻いたもの。

この「一六本舗」で出している「坂の上の雲」というお菓子が、同じコンセプトで作られているそうですよ。

 

出典:一六本舗公式ページ

こちら一六本舗の「坂の上の雲」は、司馬遼太郎記念財団認定商品とか。

やはり愛媛特産の伊予柑とミルクをたっぷり使ったお饅頭みたいですよ。

何とも言えないぷっくりとしたフォルムは、まさしく空に浮かぶ雲のようですね。

一個108円(税込み)

美味しいのは、母恵夢の「一朶の雲」か、一六本舗の「坂の上の雲」か

食べ比べてみたいものですね。(笑)

どちらも愛媛を代表とするお菓子の老舗。甲乙つけがたい人気のお店ですよ。

お店情報(母恵夢スイーツパーク)

住所:愛媛県東温市則之内甲2585-1

電話:089-955-8870

営業時間:9:00~18:00(元日除く年中無休)

まとめ

愛媛を代表とする銘菓の一つに「母恵夢」があります。

初夏にふさわしい瀬戸内レモンのベビー母恵夢を実食してみました。

爽やかな味わいが、印象的な洋風饅頭ですよ。

「母恵夢」では、そのほかにも気になるスイーツがありました。

特に「一朶の雲」は、愛媛特産の伊予柑を使ったお饅頭で、同じ愛媛の老舗「一六本舗」が出している「坂の上の雲」と非常に似ています。

愛媛の銘菓二つ。

手に入る機会がありましたら、是非食べ比べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です