【静岡】菓子舗間瀬のおすすめスイーツと伊豆みかんゼリーを実食した感想

 

出典:菓子舗間瀬公式ページ

熱海の老舗、「菓子舗間瀬」の夏限定のゼリー菓子、「伊豆みかん」が手に入りました。

ぷるんとした、爽やかな初夏の味。

見た目も、味わいも、大人気の商品ですよ。

「ヒルナンデス!」という番組でも取り上げられたそうです。

さて、どんなお菓子なのでしょうか。

伊豆「菓子舗間瀬」は熱海の老舗として人気のお店

出典:菓子舗間瀬公式ページ

創業明治5年(1872年)の和菓子のお店「間瀬」。

赤レンガ製パン焼き釜を導入して、新作和菓子を積極的に開発しました。

昭和29年には、有限会社「間瀬」を設立。

「伊豆乃踊子」や、などの銘菓を次々に発売しました。

現在は、お菓子の販売以外にも、茶寮「好日庵」や、カフェもオープン。

熱海の老舗として、人気のお店になっています。

伊豆「菓子舗間瀬」の伊豆みかんを実食レビュー!

可愛い、小さなパッケージに入った、「伊豆みかん」です。

この季節にだけ楽しめる冷たいデザートとして、人気の商品ですよ。

伊豆は、もともと柑橘系果物の宝庫

太陽の光をたっぷりと浴びたみかん山で採れた、フレッシュな夏みかん、ニューサマーオレンジ、だいだいの三種の果汁を絞って作られています。

中には、夏みかんの果肉が入っていますよ。

封を開ければ、ほのかなみかんの香り。

フレッシュな果汁以外は、保存料も使わない自然の味になっています。

甘酸っぱい果肉は、肉厚で食感もしっかり。

ゼリーの透き通るような、爽やかな甘さと共に、口いっぱいに広がります。

雑味のない味わいは、後味もさわやか

是非、お試しいただきたいゼリー菓子ですよ。

一個108円(税込み)

その他の季節限定品

  • 水まんじゅう(吉野葛と寒天を使用した生地に、こしあんをしのばせた手作りのおいしさ)
  • 伊豆のみお(夏に嬉しい「冷やしぜんざい」です。特上の大納言小豆を使用しています。かき氷と一緒に食べても最高)

出典:菓子舗間瀬公式ページ

  • くずきり(葛と寒天でつくった細長いくずきりを、梅果汁ベースの梅シロップに浮かべました)
  • 出づ水(伊豆の清流の風情を表したお菓子。果実を入れたゼリーや、水ようかんの爽やかな口当たり)

出典:菓子舗間瀬公式ページ

夏のお菓子らしく、どれをとっても、涼やかで、キラキラしたイメージのお菓子です。

伊豆には、名水も多く、綺麗な環境で作られたお菓子は、さすがに美しいですね。

楽天ショップでも手に入るようですよ。

スポンサードリンク

「菓子舗間瀬」のその他の銘菓

伊豆乃踊子

出典:菓子舗間瀬公式ページ

伊豆と言えば、忘れちゃいけないのが、小説「伊豆の踊子」ですが、このお菓子も因んで作られました。

1994年の全国菓子博覧会では、内閣総理大臣賞を受賞しています。

伊豆の静かな仙境に秘められた淡い恋心。そのときめきとロマンを表現した和菓子とか。

クルミ入りの白あんの優しい甘さと、香ばしさがくせになるお饅頭だそうですよ。

しっとりとした生地も美味しい、リピーターの多い銘菓です。

伊豆に行かれたら、是非ともチェックしてください。

一個108円(税込み)

本格きんつば

出典:菓子舗間瀬公式ページ

「きんつば」と言えば、本高砂屋と、連想してしまう私ですが、まだまだ知られざる銘菓があるのかもしれませんね。

お饅頭も良いのですが、ダイレクトに小豆の美味しさを感じる「きんつば」という和菓子は、また格別な存在ですよ。

「きんつば」を売りにしているお店は、相当餡に自信があるはず。

もともとは、京都で生まれ、丸や四角に固めた餡を米の粉で包んで鉄板で焼き上げたものらしいです。

焼きあがったカタチが、刀の「つば」に似ているところから、「銀つば」と呼ばれていました。

やがて、現在のように小麦粉で溶いた薄い皮で包むようになり、「きんつば」となったそうですよ。

「菓子舗間瀬」の本格きんつばは、大納言小豆の持つ風味を最大限に生かした自信の作となっています。

一個324円(税込み)

お値段、なかなかの高さですが、期待できそうですね。

茶きんつば(夏限定)

出典:菓子舗間瀬公式ページ

お茶摘みは、日本の初夏の風物詩。

「菓子舗間瀬」のきんつばシリーズにも、夏限定商品として、「茶きんつば」が登場します。

お茶は、健康面からも注目されている素材で、動脈硬化の予防などが期待できる、タンニン、アミノ酸、ビタミンなども含まれます。

「茶きんつば」は、白あんに香り豊かな茶葉と小豆甘納豆を加えた、新しい味わいに仕上がっていますよ。

口に入れると、様々な味わいがミックスされて、お茶の香りと共に楽しめます。

一個378円(税込み)

伊豆の山づと

出典:菓子舗間瀬公式ページ

「山づと」とは、山から持ち帰ったおみやげのこと。

「伊豆の山づと」は、上質の小豆と風味豊かな渋皮付きの栗を使った、間瀬独自の「蒸しきんつば」です。

栗風味の餡が入っていて、周りを小豆でくるみ、じっくりと蒸してあります。

甘さ控えめになっていて、素材の贅沢な美味しさを十分に感じられるお菓子ですよ。

柔らかな食感で、お年寄りでも食べやすいと思います。

ひと箱(5個入り)540円(税込み)

吉祥(きっしょう)

出典:菓子舗間瀬公式ページ

幸せを授けてくれる美しい女神、吉祥天にちなんだお菓子です。

「吉祥」は、さつま芋を加えた黄味餡を皮をむいた小豆のこしあんで包み、蒸しあげたもの。

柔らかな口あたりと、細やかな口どけが特長になっています。

焼いたときの生地の割れが、吉祥の木の代表とされる松の幹を思わせるお菓子です。

おめでたいお席にもふさわしい和菓子ですね。

ひと箱(5個入り)594円(税込み)

柚風絲

出典:菓子舗間瀬公式ページ

風絲は、かすかな風のこと。

黄金色に実った柚の実のすべてをお菓子にした、銘菓です。

柚の中身を丁寧に取り出し、白あんと葛羊羹に替えて仕込んだ自然なお菓子。

爽やかな柚の風味と、甘さ控えめの白あんが、何とも言えない味わいだそうですよ。

中身も皮も丸ごと食べられる柚菓子です。

これは、一度食べてみたいお菓子ですね。

一個302円(税込み)

甘夏もち

出典:菓子舗間瀬公式ページ

最後にご紹介するのは、「甘夏もち」です。

伊豆の名産である、柑橘類は、温州みかん、ぽんかん、三宝かん、ニューサマーオレンジなどなど。

数が多くて年中山々を黄金色に彩るそうですよ。

そんな柑橘の中でも、この「甘夏もち」は、甘夏みかんを使用した求肥餅です。

柔らかな求肥の中には、甘夏の外皮を砂糖で煮たものが入っていて、爽やかな香りが口いっぱいに広がります

飽きのこない美味しさで、人気の商品ですよ。

是非お試しください。

ひと箱(12粒入り)540円(税込み)

お店情報

住所:静岡県熱海市網代400-1

電話:0557-67-0111

営業時間:8:00~18:00(木曜定休日)

網代駅前店(喫茶併設)、熱海咲見町(喫茶)、間瀬(CAFE)もあります。

中でも、茶寮「好日庵」は、お茶室のある茶寮になっています。

月一回のお点前の稽古(2000円)もあるそうです。

上品な和菓子とお茶でひと時を過ごせる落ち着いた空間ですよ。

また、喫茶店、カフェでは、ぜんざいや、あんみつ、かき氷、アイスクリーム、わらび餅などが召し上がれます。

是非どうぞ。

まとめ

伊豆熱海の老舗、「菓子舗間瀬」のお菓子をご紹介。

伊豆ならではの柑橘系の味わい深いスイーツから、大納言小豆の美味しさそのままを生かした「きんつば」まで、豊富なラインナップの和菓子がありますよ。

中でも、「伊豆乃踊子」は、看板商品として、リピートされる銘菓です。

喫茶や、カフェもあり、ゆっくりと上品なお菓子とお茶で過ごせる、癒しの場となっています。

伊豆に行かれたら、是非お立ち寄りくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です