【札幌】千秋庵の「月の石」を食べた感想とおすすめ人気商品を紹介

出典:千秋庵オンラインショップ

北海道には、星の数ほどのスイーツがありますが、こちらは星ではなく、「月」にちなんだお菓子です。

札幌、千秋庵の「月の石」は、ロマンを感じるお菓子ですよ。

さて、そのお味とは?

また、千秋庵の売れ筋人気商品もご紹介いたします。

札幌「千秋庵」は「現代の名工」として認められた職人のお店です

千秋庵の沿革

千秋庵は、大正10年(1921年)に札幌で創業。

札幌初のスイートポテトやシュークリームを販売したお店です。

終戦後は、倉庫を改装して喫茶店をスタート。

昭和25年には、子熊のプーチャンバター飴を発売し、その後北海道観光の人気が集まるにつれ、バター飴がブームになりました。

昭和27年には、喫茶でソフトクリームを発売し、人気が出ました。

また、昭和4年に、店頭に井戸を掘り、お客様が自由に飲めるようにというサービスを開始するなどして、話題になったそうです。

昭和47年には、初代が。そして、平成18年には、二代目が、厚生労働省から、卓越した技術者として、優秀技能賞「現代の名工」を授与されました。

凄い技術を持った職人が働くお店として、今も人気の「千秋庵」の自慢のスイーツをご紹介したいと思います。

千秋庵のコンセプト

創業以来一日一日を積み重ねて、伝統を守り続けてきた千秋庵

現代の名工と言われる創業者は、和菓子を作る際に、まず絵を描くところからはじめたと言われています。

また、こだわりとして、お菓子作りには、地下90mから汲み上げた伏流水(良質なお水)を使用

そして、4代目にあたる社長は、女性ならではの視線で、気配りや優しさの詰まった製品づくりにも力を注いでおられます。

千秋庵の「月の石」を実食レビュー!

ちょっと目がとまってしまった超可愛いパッケージの「月の石」です。

三日月の下には二匹のうさぎ。何を話しているのか。

なーんて考えてしまうようなメルヘンチックなパッケージですね。

ところで、「月の石」といえば、砂利石のようなチョコレートを想像してしまうのは、私だけでしょうか。

ニシザキ食品には、「月の小石チョコ」というものがあります。

出典:ニシザキ食品楽天ショップ

タクマ食品も同じようなチョコレートを出していますよ。こちらは、「月の小石チョコレート」です。

見た目は砂利石のようですが、食べてみると、砂糖がコーティングされたチョコレートです。

これが、ユーモアだけではなく、味が不思議なくらい良いので、病みつきになってしまうほど。

アマゾンでも買えます。

余談になりましたが、そんなリアルに石のような形でもなく、可愛らしい円盤型のお菓子が、千秋庵の「月の石」です。

想像通り、1969年アポロ11号月面着陸を記念して、当時はまだ珍しかったホワイトチョコレートを使用したお菓子です。

当時は、珍しいお菓子だったのでしょうね。

ほんのり黄色いお月さまのよう。石というより、月そのものですね。

よく冷やして召し上がるのが良いと思います。(手が汚れにくい)

「月の石」を食べた感想

月への郷愁と未来へのロマンをのせて。」というキャッチフレーズで作られた「月の石」です。

ブラックベリージャムをサンドしたスポンジケーキを、ホワイトチョコでコーティングしたもの。

ホワイトチョコレートが柔らかいので、キンキンに冷やして食べれば、カリッとした食感に。

暫くして、室温に戻りつつあると、今度はしっとりとした食感になりますよ。

宅配で送るときは、クール便でないといけないくらい、繊細なチョコレートです。

また、中のブラックベリーは、ラズベリーほど酸っぱくなく、ブルーベリーよりも大人っぽい味わい。

ベリーの使い方は、やっぱり北海道なのかもしれませんね。

ホワイトチョコレートのミルクのまろやかさに、ブラックベリージャムの甘酸っぱさが良く合います。

「月の石」とはありますが、ほんわかした味わいは、お月さまの月見団子の代わりになりそう。

是非おためしください。

1個166円(税抜き)

お店情報

住所:北海道札幌中央区南3条西3丁目13番地2

電話:0120-378082(受付時間9:00~17:00)

営業時間:10;00~18:00(只今、仮店舗にて営業中)

オンラインショップはこちら

スポンサードリンク

千秋庵がおすすめする人気のお菓子

山親爺(やまおやじ)

出典:千秋庵オンラインショップ

昭和5年から発売している「山親爺」というお煎餅です。

新鮮なバターとミルクがたっぷり入ったお煎餅になっています。

バターの風味と、卵の香りが豊かで、パリッとした歯ごたえ。

食べ心地が良いと評判だそうですよ。

「山親爺」とは、昔から北海道の山野を我が物顔で歩いていたクマの愛称だとか。

サケを背負ったクマのイラストが表面に浮き出ていて、愛らしいお煎餅になっています。

お土産にも良さそうですね。

1箱(10枚入り5×2)740円(税込み)

出典:千秋庵オンラインショップ

北海道産の小豆餡をパイで包んで、甘さをおさえ、しっとりと焼き上げたお饅頭。

千秋庵でも良く売れる人気商品だそうです。

「スノーマン」なら聞いたことがありますが、「ノースマン」は、初めて。(笑)

ノース=Northということで、北の人ってことでしょうか。(笑)

北の大地に生きる人々のたくましい力を表したいと、考案されたお菓子らしいですよ。

開発のヒントになったのは、横浜の中華街で売られていた「パイまんじゅう」だったとのことですよ。

試行錯誤の結果、小麦粉で作った生地とバターを幾層にも重ねて焼くと食感が良くなるとわかり、現在はおよそ百層以上に折り重ねたパイ生地で仕上げてあります。

餡の方も、折パイと非常に良く合うノースマン特製の餡になっています。

このような努力で、他にはない味わいが出来上がり、変わらぬ代表銘菓になったそうです。

ノースマンには、「ノースマンかぼちゃ」もあります。

かぼちゃの優しい甘味が広がる大地の恵みたっぷりのノースマンですよ。

また、季節限定の「ノースマン」もあり、春なら「ノースマンいちご」今の季節なら、「ノースマンメロン」があります。(8月中旬まで)

1個162円(税込み)

子熊のプーチャンバター飴

出典:千秋庵オンラインショップ

北海道産のフレッシュバターの風味が生きた有平仕上げの丸いバター飴です。

有平細工とは、ポルトガル語のアルフェロア(糖蜜から作られる茶色の棒状のお菓子)から来たものとする説と、アルフェニン(白い砂糖菓子)とされる説があります。

原材料の砂糖に少量の水あめを加えて煮詰め、火からおろした後に着色料や整形を行って完成させるもの。

日本で初めて輸入されたハードキャンディです。

千秋庵の「プーチャンバター飴」は、細工はなさそうですが、レトロな可愛い缶に入っていて、個別包装になっており、プレゼントには最適ですね。

北海道の純良バターがたっぷり加えてあり、透明度の高いバターそのままの風味と色合いに仕上げてあります。

べた付きが少なくて、サラサラとした手触りなので、食べやすく、口に入れると、優しい甘みがじんわりと広がるそうです。

パッケージも可愛い「プーチャンバター飴」は、人気商品ですよ。

1箱(小缶100g入り)480円(税込み)

まとめ

北海道、札幌の「千秋庵」の「月の石」をご紹介いたしました。

アポロ11号の月面着陸を記念して作った、ロマンあふれるお菓子ですよ。

しっとりとコーティングされたホワイトチョコレートのまろやかな甘みと、ブラックベリージャムの甘酸っぱさが抜群に合います。

誰からも愛される味わいのお菓子だと思います。

また、「千秋庵」で良く売れるおすすめ人気商品もご紹介しました。

お店に行かれた時はチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です